カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2006年07月10日

2006年W杯ドイツ大会決勝

PKにてイタリアが優勝しました。

イタリアがスピードのあるいい試合をしてました。しかし、試合はフランスが支配していた気がします。特に後半。
延長にはいると運動量も落ちてますますフランス優位になってきました。

しかし、延長後半にジダンが相手ディフェンダーに頭突きをして、当然一発退場。当時はサッカーに興味はなかったので見たことはないですけど、噂に聞くフランス大会のベッカムの一発退場を上回る辛抱のなさではなかったでしょうか?

当時のベッカムは意気上がる有望な若手であるのと反対に、ジダンは年齢・実績ともにサッカー界の重鎮と呼べる存在であるにもかかわらず、なおかつ決勝の試合中に……あまりにも非紳士的な振る舞い。

このプレイで、試合を見ていた当事国以外の視聴者は、フランスを「勝者の資格無し」と断じたことでしょう。
かくして、資格無き者が敗れ、今回のW杯は閉幕しました。


posted by 文公主 at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。