カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年02月19日

VAIO性能評価最終報告

ソニーからの評価期間も終わって返却も終わったので評価のまとめです。基本的には、何点か問題のあるx60sの代替機としてVAIO type Gの方が優れているか(買い換える価値はあるか)の評価です。

基本性能
x60s>type G
x60sの方が圧倒的によいのはCPUが違うので無理もないですが,今回使用した限りでは種々アプリケーションの立ち上げに非常にもたつきます。おそらくメモリ不足が要因かと思いますが,標準状態では数十秒の待ち時間が発生するので全く使い物になりません。

ポートレイアウト
x60s=type G
x60sはSD,type GはUSBの配置がよくありません。良くない理由は,抜き差しするのにデバイス(本体)を持ち上げたりする必要がある点です。PCMCIAに関しては,ダミーカードでふたをするタイプのtype Gは論外でしょう。

スイッチレイアウト
x60s<type G
スイッチ類が全てキーボード面に集約されているので,無線LANのハードスイッチが前面に回ってしまったx60sよりスイッチは使いやすいです。

操作性
x60s=type G
キーボード以外の操作性に関しては慣れなので差はなしとします。

キーボード
x60s>type G
type Gはキーの縦ピッチが短く,ストロークが浅く,パームレストがない。まるで駄目です。

指紋認証読み取り精度
x60s<type G
type Gの方が再走査を要求することが少なかったです。もしかしたら,判定が甘いだけなのかもしれませんけど,誤認証の試験はしませんでした。

携帯性
x60s<type G
鞄に入れて持ち歩く時の評価です。
鞄からの出し入れのしやすさでは外装デザインのすっきりしているtype Gが優ります。ACアダプタが小さいのも携帯には有利です。type Gは1スピンドルの数にかかわらず厚さが同じですが,1スピンドルモデルを薄く作ってくれるとなお良かったでしょう。

グリップ
x60s>type G
手で持って歩くときの評価です。
手でもって歩くときはディスプレイのヒンジ部分を持って歩く事が多いのですが,type Gはこの部分がまっすぐなので収まりが悪いです。x60しゃバッテリがチルトスタンドを兼ねているため出っ張っており,手でもって歩くときにここが引っかかりになって,真っ平らな場合より力を入れずに保持することができます。上の携帯性で言う出し入れのしやすさとはトレードオフですが,私はこちら重視派です。

熱コントロール
x60s<type G
3Dを使うソフトでも1時間も使えば,乗せた膝は低温火傷,キーボード天板は熱くて手が置けないといったx60sに対して,type Gは底面・天板ともにほとんど加熱しません。2機種とも本体左側面に排気口があるのですが,type Gは左手の方が心持ち温度が高いように感じる程度で,右手はほぼ影響なしです。

静粛性
x60s>type G
おそらく上の熱コントロールとはトレードオフになっているのでしょう。ちょっと負荷を上げてやると,type Gはものすごい音でファンが回り出します。会議室などでファンが回り出したらさぞ目立つでしょう,携帯性はいいのに他人の耳目の前で使うのはちょっと恥ずかしい気がします。対してx60sは高負荷時でもほとんど音はしません。

堅牢性
x60s>type G
落下テストなどをするわけにも行かないのでイメージになりますが,x60sの方がしっかりしてるように感じます。type Gはディスプレイ部が薄い上,ディスプレイを閉じたときにロックがないのでぐらつく印象です。

バッテリ寿命
x60s×type G
バッテリでの駆動テストはしませんでしたが、どちらも3時間程度は平気で動きます。印象になりますが,サスペンド時のバッテリの減少量はtype Gの方が少ないようです。


総括

携帯用ノートという総合点ではx60sに軍配が上がります。不満点もありますがtype Gに変えるともっと不満が増えるでしょう。これならまだLet'sシリーズの方が魅力的でしょうか?
ただし、ACアダプタの設計やや熱管理など優れた点も多いのでこの辺はThinkPadにも取り入れていって欲しいところです。また、ちゃんとThinkPadクオリティのキーボードは復活させてください


posted by 文公主 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。