カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年08月11日

復旧作業(水冷部分)

水濡れになったパーツが乾くまで、としばらく(念のためケーブルまで全部抜いてから)放っておいたので、そろそろ冷却水も飛んだことでしょう。
復旧作業に入ることにします。

まずは水枕を再調達しないと行けないので、秋葉原のOLIOSPECへパーツの調達へ向かいます。

熱で溶けてしまったことから今度はフル金属製の水枕にしようかと思っていたのですが、店頭で聞いたところZM-WB4PlusもZM-WB5も店頭在庫がないとのこと、通販サイトでは在庫有りになっていたから行ったのに詐欺っぽいです。

しょうがなく、前回と同じZM-WB4GOLDを購入しました。水枕に冷却水がちゃんと来てるか確認できるので、これはこれで便利なんですけどね。溶けないようにとガラスで作ると重いだろうし……

00000144.jpg


さっそく家に帰って、接続をします。
水冷パーツはパーツ自体の欠陥で水漏れ等が発生しないか確認するために、各パーツへ付ける前にまずは仮組をして冷却水を流してみるのが鉄則です。
今回は、他のパーツは交換してないのでCPU用水枕だけだけ確認すれば事足ります。装着時にチューブが捻れたりしないように、装着時の状態を想定しながらチューブと連結、所要時間はわずかに10分そろそろ手慣れたものです。

このとき気をつけなければ行けないのは、チューブの連結ばかりに気を取られて、固定用金具などを装着し忘れることです。チューブを外さなければ装着できないような器具もあるので注意が必要です。
チューブを外すということは、そのたびに漏水のおそれがあるので避けたいところです。

さて、その辺の手順を間違えつつ(だから今回注意すべきと書いた)、何とか組み上がったので、2Lの出血によってほぼスッカラカンになったラジエーターへ蒸留水を追加して、PCの電源を入れないままポンプのスイッチを入れます。
00000145.jpg

流量計が動き出し、チューブ内にたまった気泡が押し流され、冷却水によって充填……されない?

水枕内も充填された様子はありませんし、冷却水を失った代わりにチューブ内に貯まった空気も押し出されません。もしかして、チューブを抜いて経路を閉塞した後もポンプを回しっぱなしだったため、余分負荷がかかってポンプまで壊してしまったのでしょうか?



さてどうしましょう……


posted by 文公主 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。