カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年07月19日

じてんしゃにのって

8時前に家を出て電車に乗ること2時間、やってきました宮城県角田市。

直線距離では30kmたらずなのですが、大回りして岩沼で乗り換え、槻木で阿武隈急行に乗りそびれ(改札出ちゃった)、着いたのは10時前でした。

00000634.jpg


改札から出て、目的地へ向かおうと歩き出そうとしたところ……印刷した地図を持ってきてませんでした。
印刷頼みでお店の名前も電話番号もメモってませんでしたが、市役所近辺にあったように記憶していたので(また)見切り発車で歩き出すことにしました。


そういった行き当たりばったりの道中、建物の影に見え隠れするのは……

00000635.jpg

ロケット……?




後で聞いたところによると、宇宙開発事業団のロケット試験場かなにかが角田市にあった(ある)らしく、ふるさと創生の1億円を使ってH2ロケットの実物大模型(オブジェ?)を作ったのだとか。1億円では足りずに余所からも資金調達したとのこと。


まぁ、そんなロケットのオブジェからそう遠くないところに、目的の自転車屋さんが見つかりました。

00000636.jpg


さて実際目にした自転車は、深みと光沢のある重めの赤で、まずカラーとしてはイメージ通りでした。フレームパイプの接合(溶接?)部分も肉厚な盛り上がりがあって無骨で素敵です。

店頭でフェンダーとライト、チェーンロックを選びそれも取り付けて貰います。チェーンでだけではなく車体に固定できるタイプのホイールロックも欲しかったのですが、フレームに合うものがなかったので今回は断念です。ボトルホルダーと共に、そのうち合うのを見つけて自分でつけることにしましょう。


本体に付属パーツと防犯登録等をつけて、ざっとお値段は5万円弱。クロスバイクとしてはかなりお安めの値段です。入門用ですからそんなものですよね。


お店のご主人にお礼を言って、さてこれから阿武隈山地の向こう側にある相馬まで帰らないと行けません。
もちろん車に積んでではなく、自転車をこいで……です。


とりうるルートは二つ

その1:南下

00000637.jpg

南下して国道113号が相馬で6号にぶつかるまで走る最短距離コース。
当然阿武隈山地を横断しますので、標高150m以上の地点まで自転車で上らないと行けません、登り切ってしまえば後は下りなので楽なはず。
想定道のりは30km。


その2:北上

00000638.jpg

阿武隈山地西側を北上し阿武隈川まで出、山地が切れたところで東側に回り再度南下して相馬に至るコース。こちらはとにかくアップダウンが格段に少なくなりますが、なにせ山地を迂回するので走行距離がかなり長くなります。
こちらの想定道のりは50kmです。




どっちを選ぶかというと……


posted by 文公主 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。