カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年10月02日

卒業前小景

00000840.jpgマリア様が見てる「卒業前小景」

先月のヴィクトリアンローズテーラーは
遅くまで(19時ぐらい)仕事をしていてお店に駆け込んだ時にはもう品切れになっていたので,今回は鐘が鳴るや即引き上げて買いに行ったのですが……
まだ入荷していませんでした。

コバルトは,フライングもない替わりに遅れることもない,と思っていたのですが今月は違ったようです。


しょうがないので,片道1時間かけて仙台まで足を延ばし,S-PALの本屋さんで買って帰ってきました。
交通費が往復1900円で,買った本があわせて1100円。
無駄な出費にも見えますが,横浜勤務だった頃はフライング販売目当てで神田あたりへ出向いたこともありますし,そのときは買えずにまるっきり無駄足でしたからそれに比べれば……



事前にタイトルを知ってから短編集と予想していましたが,半分当たりで半分外れ。
連載短編をまとめたものではなくて,書き下ろしの短編集(?)です。
そのおかげか,日程がバラバラの短編集をなんか妙な1日でくるんで無理矢理1冊にしているのと違い,本当に卒業直前の「ただ1日」にフォーカスした作品です。
短編集ですから,視点は三奈子さま,聖さま,由乃さん,蔦子さん,桂さん,無名の新人さん,祐巳,乃梨子(順不同)とくるくる変わるので,物語が進むような事はありませんでした。

しかし,ただ1日しか描かれていないにもかかわらず,時間だけは容赦なく進んだ感じがします。
キラキラ回る,の頃はまだもうちょっと時間に余裕があった卒業が,否応もなく目の前に来ていることを感じさせられる一冊でした。

今回は登場したキャラが多かったこともあり,大団円に向けての総出演の布石の様にも見えました。
最近あやしいかな?とおもわなくもない「祥子様の卒業をもって完結」の目が再び力を付けたような気もします。


それにしても……桂さんのあんなマイナーエピソードまで取り上げておきながら,鵜沢美冬さんは祥子様とすれ違ったまま卒業してしまうのかしら?

せっかく両想いなんだから,想いを伝え会う機会があって欲しいなぁ


posted by 文公主 at 16:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。