カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年10月03日

誰が宇宙人よ!?

00000844.jpgくじびき勇者さま8番札 誰が宇宙人よ!?


8番札(8巻)まで出てますが、買い始めたのは割と最近です。2週間ぐらい前からでしょうか?これも10月1日発売のはずでしたが書店に入っていませんでしたので、マリみてと一緒に仙台で買ってきました。



もともと清水文化は富士見で審査員奨励賞をとった気象精霊シリーズが好みにあったので楽しみに読んでいました。
このシリーズも出ているのはかなり前から知っていたのですが、他のシリーズ書いてないでこっち(気象精霊)出してよ!という気分だったので買ってませんでした。


それが、くじびきシリーズを買うようになったのはwikipediaで気象精霊記の打ち切り問題という記述を目にしたからです。


ドラゴンマガジンなどの雑誌媒体はまったく目を通していないので、気象精霊記が打ちきりになっていたとは知らずびっくりしました。
そりゃ続きが出ないわけです……


読み進んでいくと、イラストの七瀬葵氏との連携の齟齬により連載中止に至ったようです。
その辺は気象精霊記問題まとめwikiというページにまとめられているわけですが、この中にある毒電波日記というのが非常に印象的でした。

ここの見方はいろいろあるんだとは思いますが、私の解釈では「私のイラストのおかげで気象精霊記はドラマガで一位取ったりしているけど、小説自体は大したこと無い(売れてない)。私一人の仕事の方がもっとたくさん売れている」と七瀬葵さんが言っているように読めました。


実際の売り上げ部数とかは知りませんが、私からみると『好きな小説(気象精霊記)にステキなイラストを描いてくれる人』ですから両方とも好きだったのですが、こういう状態になってから見るとあくまで主は清水さんで、七瀬葵はあくまで従という認識でした(F.S.S.の代原でNewtypeに書いてた漫画も大して面白くなかったですし……)


さて、長くなりましたが、そんなわけで
七瀬葵がイラストを描いていない清水さんの小説でも面白く読めるのか!?

ということを検証するためにこのシリーズを買いだしたわけです。くじびきのイラストの牛木さんには悪いですが(猫の手含め)、あまり好きな絵でもないですし……


それで作品の評価自体はどうなるのかというと
ちゃんと面白く読めます。

イラストに騙されて買ったりすることはありますが、読んでなお買い続けるような作家の作品はたいていちゃんと読めますよ〜本読みなめんな〜


ノリなんかは「気象精霊記」と同じなんですけどね、キャラは違えど……
この解説上等のノリは私には非常に合うんですけど、好みは分かれるかもしれませんね。

気象精霊記ではミリィがド天然だったので恋愛模様とかはなかったのですが、こちらはメイベルが健気に空回りしてくれているので楽しめます。
その辺はあんてぃ〜くそのままと言えるかもしれませんけど……


1〜7巻はまがりなりにも物語が進んでいたのですが、今巻8巻は世界情勢の進展はまるでなく、骨休め・インターバル的なお話でした。

ビーズマス卿がこのまま消えるとも思えないので、なにか仕掛けてくるとは思うのですが、今回ラストに出てきた謎の船団を率いているのでしょうかねぇ?


posted by 文公主 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。