カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年10月15日

W杯最終予選ウズベキスタン戦

まさに……絵に描いたようなアジアにおける日本のお家芸が発揮されました。


あれだけボールも中盤も支配しておきながら、ゴールどころかシュートも満足に打てないとは!!!!!ちっ(怒った顔)
フィニッシュ辺りのお家芸を発揮するのもほどほどにしてください。

最下位のチーム相手に、よくある言い方をすれば負けにも等しいホームでの引き分け。


また最後にトゥーリオが前線に張りっぱなしになるぐだぐだの展開でした。
最後近く、中澤が一人で止めてくれてたから、負けは免れましたけどあれはまずすぎます。


まずすぎるといえば岡田監督の采配も、代わりに投入した3人ともにろくに成果は上げませんでした。
何を意図しての選手交代したか何も見えず、今日は最初に変えるべきはトゥーリオじゃないでしょうか?あんまり調子良さそうじゃ無かったですよ?

ヘディングの下手なFWは邪魔にしかならない、というのを示すにはいい采配だったかもしれません。


posted by 文公主 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。