カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年11月29日

NHK杯

グランプリシリーズ最終戦。

昨日は部署の飲み会でショートは見れませんでしたが、浅田真央が1位で、中野有加里は出遅れの5位だったそうですが、終わってみると。


1.浅田真央
2.鈴木明子
3.中野有加里


これで浅田真央と中野有加里はファイナル進出決定です。


フランス大会では仕上がりがまだまだだった浅田真央はジャンプを立て直してきました。
特に一発目のトリプルアクセルは回転速度・高さ共に申し分なく、とっても綺麗なジャンプでした。
その後のコンビネーションジャンプにもジャンプ中に手を挙げる仕草を盛り込むなど、余裕のあるところを見せられる様にもなってきました。

総得点は190点台に乗せてきて、点数的には満足なレベルまで来ていますが、まだ上乗せ余地はありそうに思えます。
これは2回目のトリプルアクセルが減点されたためではなく、ステップや一部のジャンプに、まださらにキレを増す余地があると思えるからです。
まぁ、3A+2Tのコンビネーションが成功しただけでも5点ぐらい上がりそうですけど……

ともかく、これでファイナルもキムヨナのワンマンショーとならなくて済みそうです。楽しみですね。



先日、2位と予想していた中野有加里がまさかの3位。フリーの演技はよかったにもかかわらず3位に甘んじたのは、やはりショートでの出遅れですね。ショートであと1点でも上乗せできていれば、2位だったのに。



さて、その中野有加里を抑えて2位に入ったのは鈴木明子……って誰?
にわかスケートファンの私には全然知らない選手で,
グランプリシリーズは初出場とのことです。
さて、この鈴木選手、顔は怖いですが演技はすごくいいです。
ジャンプも何種類かの3回転は飛べるようですし、少々体が硬いようでスパイラルの姿勢とかが平たい気もしますがスコアを見ると点数は出ているのでこれはこれでいいのでしょう。そして,なんと言っても素晴らしいの各要素間の繋ぎの演技やステップです。意外性のある動きが随所に挟まるため、見てて楽しめますね。技術・速度・密度という意味では浅田真央などには一歩譲りますが、演出という意味ではピカ一かもしれません。ああいった演技を浅田真央のレベルでやるともう絶対無敵かもしれません。
今回、中野有加里の上に来たのはフロックだけではありませんね。顔は怖いんですけど……



さて、今日の結果でファイナルの進出者が決定しました。

1.キムヨナ(30点)
2.ジョアニー・ロシェット(30点)
3.浅田真央(28点)
4.カロリーナ・コストナー(24点)
5.中野有加里(24点)
6.安藤美姫(24点)


一応、進出者としては先日言ったとおりですが、五戦目が終わったあとにした予想が当たってもなんの自慢にもなりません。開始前に当てたらすごいですけど……


posted by 文公主 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年11月27日

遠くに見えるその影は

新たな奥地に到達しました。


00000938.jpg
00000939.jpg


今回はラパ・ヌイ西岸の奥地です。

私は測量を持っていないので、ラパ・ヌイへ辿り着くのはそれなりに一苦労です。ふだんは六分儀を背負っているのでいざというときはそれを使えば大丈夫なのですが、いまはそれも海賊(NPC)に収奪されてしまいましたから……

ですので、ラパ・ヌイへ行くには、わかりやすいランドマーク(シーマーク?)を起点に厳密に角度をあわせて40日超の長距離航海にでることになります。


こう聞かされると大変に思えますが、実のところラパ・ヌイはオーストラリア大陸の右の角の先端から真東にあるので、真東に向かえば比較的簡単に着きます。とはいえ、正確に真東へ向かうのもそれなりに大変ですが……

私の船はクリッパーですから南北方向に2日分もずれれば、目的地のラパ・ヌイは羅針盤の範囲から外れてしまいます。東西方向40日に対して2日分の誤差が許されるとすると、

arctan(2/40)=2.86


で、ざっと3度ぐらいの誤差が許容される事になります。
ふむふむ、なるべく頑張って0度にする様に頑張ってましたが、3度の誤差が許容されるならそんなに神経質になる必要もなさそうですね。





00000940.jpg

そんなラパ・ヌイ奥地、夕日にけぶる大地に林立するのはモアイです。
かなり奥の方までに見えるもあいに大興奮してしまって、いささかSSを撮りすぎたのですが、この際一気に全部公開してしまいます。


00000941.jpg00000942.jpg00000943.jpg00000944.jpg00000945.jpg00000946.jpg00000947.jpg00000948.jpg00000949.jpg00000950.jpg00000951.jpg00000952.jpg00000953.jpg


なにか,こういう開けた大地にそびえ立つ石像を見ていると,ワンダと巨像がやりたくなりますね。一回クリアしたっきりなんですが,もう一回やってもいいかな,という気分です。


もちろん、クエストの方も忘れずに達成しておきます。

00000954.jpg


こんなに目立っているのに、発見物はモアイじゃないんですね。
posted by 文公主 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2008年11月25日

幻のフィニッシュアーツ

文姫がカリカットに着くのを待って……


00000933.jpg

フィニッシュアーツの練習をしました。

フィニッシュアーツの発動に必要な泥酔の酒がアフリカ西岸でしか売っていないものですから、ちょうどカリカットに向かっている途中の文姫に買ってきてもらったのでした。

せっかく買ってきてもらったのに、クエの報酬も経験値も出せなくて、申し訳ありませんね。



さて、今回試したフィニッシュアーツは

00000935.jpg

このように自分の防御力が上がるというものです。

泥酔の酒と催涙の粉袋という非ダメージ系の組み合わせを選択したのは、何度も繰り返すことで際限なく防御力を高める事を目的としているからです。


試しに10回繰り返すと、100程度の防御力がここまで上がります。

00000934.jpg

ダメージを与えず(相手を倒さず)に防御力上げていけば、複数人組の強敵相手でも一人で倒すパンチことが期待できます。

つまり!クマクエ『頭』テノチティトランであれ一人で挑むことが可能になる筈なのです。
これが実現できれば、白兵戦のバリエーションが圧倒的に広がります。


唯一問題なのが、防御力アップのFAが冒険者だと中距離限定という事ですが、この辺は中距離武器を換え武器に登録しておいて、ラブりゅん(本名:ラブリュス)と持ち替えればいいことです。


はい、ここまで来れば、陸戦に詳しいひとにはこの仮説の穴に気付いたことかと思います。


そうです

00000936.jpg


一旦近距離から中距離に下がってしまうと、再び近距離に戻ることはできないのですねふらふら

もしかしたらレンジを換えるとFAの効果はリセットされるかも……というのは想定していましたが、まさか中距離から近距離には変更できないとは思いませんでした。


だって、距離を詰められたからってその場で武器を持ち替えればいいじゃないですか!!
相手が距離を積めてきても中距離武器で攻撃できる方が不自然ですちっ(怒った顔)




近距離でも同じ手順でFAの発動をすることはできるのですが、この場合相手の攻撃力低下になります。


00000937.jpg



一対一だと同じ効果になるのですが、一対多の場合には攻撃してくる人数分攻撃力を下げなくてはなりませんし、倒した相手が復活して再参戦してくるまでの間に残りの相手を倒さなくてはなりません。



このFAはお蔵入りですね。機会を見つけて、論戦で勝てない腹いせにみ○おーさん辺りを陸戦で襲ってお仕舞いにしましょう。1on1なら有効でしょうから……

やはり地道に戦闘力を上げていくしかないようです。
posted by 文公主 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2008年11月23日

ロシア大会

ロシア大会が終わり、グランプリシリーズもあとはNHK杯を残すのみになりました。

今年は5大会ともフリーかショートかどちらかは見てますので、出場選手に関しては一通り見た事になります。
どの選手も、ステップのレベルが上がって居るのと同時に、ジャンプで苦しんでいますね。
ジャンプに苦しんでいないのはキムヨナとグランプリファイナルへの進出に関わりのない下位層だけです。今年行われたルール変更というのは、そんなに影響の大きなものだったのでしょうか?


今大会出場の村主は残念ながら3位、いくつか失敗したジャンプを成功させていれば2位には入れたのでしょうが……ここで決めきれなかったのでファイナル進出はかなり危なくなってきました。


1位のカロリーナ・コストナーは今年はあまり調子がよくなく、演技にキレがなかったのですがフリー最初の3回転コンビネーションは速度・飛距離・回転速度ともに申し分なく、去年の世界選手権の様子を彷彿とさせました。今回1位を取ったことで、コストナーはファイナル進出決定だそうです。



5戦終わった状態で(計算が間違っていなければ)上位6名は以下

1.キムヨナ(2戦終了) 30点
2.ジョアニー・ロシェット(2戦終了) 30点
3.カロリーナ・コストナー(2戦終了) 24点(最高順位1位)
4.安藤美姫(2戦終了) 24点(最高順位2位、最高得点170.88)
5.村主章枝(2戦終了) 24点(最高順位2位、最高得点163.86)
6.キャロライン・ジャン(2戦終了) 18点

そして、NHK杯の出場者でファイナル進出が狙えそうなのがこちら

浅田真央 13点
中野友加里 13点
ラウラ・レピスト 11点


順当に行けばこの順に並ぶと思いますので、この場合は
キムヨナ、ロシェット、浅田真央、中野有加里、コストナー、安藤美姫
となります。


浅田、中野は演技が崩れても順位は出してくると思うので村主の進出は難しそうです。


現在4位の安藤は、レピストがNHK杯で1位だとかなり危なくなります。
シリーズの最高得点で中野有加里を下回っていますから、中野が3位の場合は敗退、浅田真央が3位でかつ170点以下でないといけません。


あと、NHK杯では優勝すると15点付くので、7点の長洲未来や3点の何人かは18点まで届くのですが、この場合、
浅田真央・中野有加里は5点(6位)以下、レピスト7点(8位)以下という条件を同時に満たさないといけないので、まずありませんね。



今の様子だと、このままキムヨナがグランプリファイナル3連覇を達成して、今年の世界女王までかっさらっていこうかという勢いです。構成点の時点で15点ぐらい負けてるので、演技点で盛り返すのは至難の技です。

ただ、キムヨナはここがほぼ上限、上がってあと3点かと思うので、失点している部分を取り返せば追いつけるかもしれませんね。



posted by 文公主 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年11月22日

カリカット到着

00000929.jpg

やっとインドに到達したわ。




ふだんは何もしないんだけど、カリカットへの到達はひとつの目安だから

00000930.jpg

記念にひと踊り。




この時代の航海者たるもの、カリカットまで着いてようやく一人前。
これで香辛料交易などの利益率の高い商品の扱うルートができたって事だけど、なんと言っても大きいのは、倉庫枠の増加よね。


00000931.jpg

さすがに、南米西岸勅命やスエズ勅命が終わるのはかなり先だろうからこのボーナスは大きいわ。爵位も低いから+5個っていうと、ほぼ倍増……といってもいいぐらいのインパクトのあるご褒美ね。


あたしが海に乗り出したのが2005年の10月だったから、ここまで辿り着くのに……3年あせあせ(飛び散る汗)
果てさて世界周航まで達成するのは、いつの事やら。




ちなみに、私が海に出た2005年10月頃には先生はどんな事してたかっていうと……


00000932.jpg

ガレーに乗って大海戦に出てる……


信じられない……
posted by 文公主 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2008年11月21日

グレート……

冒険発見物を増やすためには欠かせない……
久しぶりの奥地発見クエです。


00000925.jpg

ここ1年ほどは考古学を封印したまま暮らしていましたから、なかなか行く機会がありませんでした。



00000926.jpg

通い慣れたカカドゥで情報収集をしたあと、オーストラリア西岸での発見物を回収してから奥地へ到達。


00000927.jpg

珍しい夕暮れの空にたたずむ、赤茶けた岩肌が幻想的です。
真っ青な空を背景にそびえ立つ、というコントラストでの表現も美しかったでしょうけど……


岩の足下まで近づけるかと思ったのですがそちらに通じる通路はないらしく、入り口付近のかなり遠くから視認することになりました。

00000928.jpg


めでたく、ウルル発見です。カードの方は青背景なのですね。

ウルルとは現地の言葉で『世界の中心』といった意味だそうですが、昔は違う名前で習いました。最近はもうパッと出てこないで


グレート……なんでしたっけ?

バリアリーフは珊瑚礁
ディバイディングは山脈
アーテジアンは大鑽井盆地
ストーンヘンジはイギリスだし……

なんてことを経て、苦労してエアーズロックの名前を引っ張り出すほど記憶の底に埋もれてしまっています(ウルルはもっと出てきにくいですけど)。
世界最大の1枚板だと習ったのですが、本当は2番目なのだそうですね。いつ変わったんでしょうね?





posted by 文公主 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2008年11月20日

寒波到来

自転車通勤がこんな過酷な試みだったなんて……ふらふら

初めて体験する東北での冬、本格的な寒波がやってきて気温が一気に下がりました。東北各地では初雪雪が観測されたところもあったようですが、今のところまだ相馬では雪は降っていません。


とはいえ、今日の予想は最高気温が7度と1月上旬並の気温とのこと、地面が凍結するまでは頑張りたいと思っていたのですが、今日のはかなり堪えました。


行きは日射しもありますし、行程が緩やかな上りという事もあって体も温まるので、「空気は冷たいけど、すっきりして気持ちいいね」と言えるのですが、これが帰りになると大変です。

日没後はあっという間に気温は下がりますし、今度は下りで楽なのですが運動せずともスピードが上がるため、風を切って進むとそこでまた体温を奪われ、ものすごく寒く感じられます。


行きは少々汗ばむぐらいなので重ね着は控えたいのですが、そんな格好では帰りは凍えてしまいます。
結果として朝は汗をかきつつ、帰りは寒さを我慢しつつという、両方である程度我慢を余儀なくされるという形になってしまっています。


せめて、夕暮れ時には雲が出て放熱を抑えてくれると寒さも和らぐのですが、今日もやたらといい天気でした。
星がとっても綺麗なのがせめてもの慰めです。


今日も寒かったとはいえ、今後もまだ気温は下がるのでしょう。



また、昨日でサイクルメーターの積算走行距離が1000kmを超えました。


00000924.jpg
00000923.jpg


メーターが4桁あるとは思わなかったので、証拠に999.9kmのところでも一回記録の撮影をしておきました。

サイクルメータを付けたのが8月中頃だったので、ざっと3ヶ月で1000km走った計算になります。通勤で往復すれば1日で20km走ることになるので、走るために走ったのは2〜300kmぐらいでしょうか?


走行距離が伸びるには、いかに頑張って自転車通勤を継続するかにかかっていると言うことですね。


路面が凍結すると危ないのでバス通勤に戻るつもりですが、冬はただでさえ太りやすいので、なるべく頑張って自転車通勤は続けていきたいと思っています。
耳や手などはそろそろ寒さで痛いので、今後頑張るにはその辺の防寒対策に手を打つ必要もありそうです。ジャンパーもゴアテックス素材とかの環境変化に強そうなのを探した方が良さそうです。
posted by 文公主 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

W杯最終予選カタール戦

目覚ましをセットして起きて見てました。


アウェーで3-0というのは完勝なんですが、田中達也が光ってた以外にはいつもの試合の組み立てと大して違うということはありませんでした。
クリアが甘いこともあるのも変わってません。


それでもこの結果が出たのは、シュートがちゃんと入ったからです。数自体はあまり多くなかったですが、大抵が枠の中に飛んでいたのできっちりと脅威を与えてました。

今後勝つためにも、まずはFWはあんまり外してばっかり居ないで、ちゃんとゴールに入れてね。
posted by 文公主 at 03:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年11月18日

意外と辛抱強い

アルヴィーゼが考え出したベドウィンとの遠交近攻策が元老員のジジイの横槍が入って、実行したけりゃフランスの母后の協力を取り付けてこい!なんて無理難題を押しつけられたみたい。

アルヴィーゼはフランスに伝手がないのでお手上げ状態だったんだけど、ジュリアンがフランス宮廷に伝手があるって言うので骨を折ってもらうことに。



00000911.jpg

ジュリアンが人を呼びに言っている間は……



00000913.jpg


言われたとおりおとなしく座ってたんだけど。



00000914.jpg

着飾った女性達の群れが登場、アルヴィーゼに興味津々の模様。
フランス母后の伝手っていうから、宮廷女官達なんだろうけど……あたし堅苦しいのが嫌いなので女官達って苦手なのよね。それに……


00000915.jpg

あたし女の子ですから!!そんな趣味もありませんから!!!



00000916.jpg

女官なんてそんなものだから……うちの王宮はそうでもないけど恋愛遊戯上等な人たちもけっこう居るものよ。
オルセオロ邸はアルヴィーゼがカタブツだからそういう侍女とかは居ないかもしれないけど……


00000917.jpg


まあ、頑張ってねアルヴィーゼあせあせ(飛び散る汗)
あたしはおいしいご飯だけたらふく食べてさっさと寝かせてもらうわ





00000918.jpg


男性だと減ってたりするのかしら……?
おはようございます晴れ




00000919.jpg



な、なんてこというの!!
何もしてませんから






00000920.jpg

アルヴィーゼはいろいろあったみたいだけど……
嫌がって暴れるかと思ったけど、意外に辛抱強かったみたいね。もっとも……


00000921.jpg

ジュリアンに頼むの嫌がってたのも忘れちゃうぐらい憔悴しちゃってがく〜(落胆した顔)



00000922.jpg

なんかそれは、あっさりばれる気がするわ。
posted by 文公主 at 21:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 航海日誌

2008年11月17日

フランス大会

米国と中国で圧倒的な強さを見せつけたキムヨナ。
中国では他の選手より頭一つ抜けた演技を披露した安藤を,さらに頭二つぐらい図抜けた圧勝でした。

こうなっては彼女に対抗できるのは浅田真央しかいない!と世界の期待を背負って登場の現世界女王でしたが……



見たのはショートだけですが,フリーの噂を聞いても……まだ仕上がってないようですね。


特にジャンプに躊躇してましたが,去年までは飛べてたジャンプだったハズです。
解説では今年改正になったルールへの対応がどうこうって言ってましたが,そんなに大変な対応なんでしょうかね?


ジャンプをことごとくランクを落としたり失敗したりしたあげく,シニア昇格以降の最低得点で2位だったそうです。
最低得点を出してもまだ2位だ,という見方をすると十分すごいのですけど……


ステップとスパイラルを見ているとこの辺りはずいぶん仕上がっているように思えるので,これらとジャンプを見たときの「あぁふらふら」という落差によるため息(ジャンプの方が先にあるんですが)がかなり印象に残ります。


全部きっちり仕上げれば高得点は間違いないプログラムだと思うので,グランプリファイナル……できればNHK杯までに仕上げてきて貰いたいと思います。

こんな所で私の予言を的中させて,沈んでいかないでね。
posted by 文公主 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。