カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2010年02月22日

これはおもしろい

ショートプログラムの滑走順が決まりましたが、日韓両国にとってはこれ以上ないという絶好の組み合わせといえます。誰かの意志が働いたのではないかと思ってしまうぐらい。


22番滑走:浅田真央
23番滑走:キムヨナ
24番滑走:鈴木明子
    :
    :
最終滑走:安藤美姫


日本が誇る実力ナンバーワン&ツーが優勝候補筆頭のキムヨナを挟み、伏兵安藤美姫がラスト。
優勝候補No.1・2が連続、しかもどちらかというと不利な方(浅田真央)が前。



浅田真央がキムヨナの見ている前で、どれほどの演技ができてプレッシャーを与えられるかが鍵でしょう。

逆に、キムヨナから見るとショートが苦手な浅田真央が目の前でずってんころりんと点数を下げてくれれば、あとはもうのびのびと演技できるわけで……
過去の実績からするとショートがふるわない方が多いので、受けて立つキムヨナからしても望むところでしょう。

まさに、ショートの出来が勝敗を左右するといえますね。


今年のキムヨナのショート007はホントに魅力的ですから、まず70点は超えてくるでしょう。70点越えは浅田真央にとってはシーズンベストとなりますが、このあたりまでは届かせておかないと危ないですね。



ショートで互角クラスを維持しておいて、あとは『鐘』での逆転狙い。

4大陸選手権並の出来ではダメで、全日本選手権かそれ以上の完成度が要求されます。それぐらい今期のキムヨナは強いです。


まぁ、現在の実力では僅差で、キムヨナ>浅田真央と踏んでいるので双方クリーンに演技すると……残念ながらキムヨナかなぁとは思います。


日本人でもこうなのですから、韓国の期待とその重圧はすごいものでしょう。

金で当然、金じゃなければ判定疑惑、メダルを取り損ねたりしたら、韓国には居られないかも……
熱狂しすぎる国民性が気の毒ですらあります。


そんな雰囲気の中、鈴木明子とかアレーナ・レオノア(25番滑走:鈴木明子の次)とか私のひいきの選手が『ポロッと』金メダルを獲ったりしたりすると面白いのにわーい(嬉しい顔)


鈴木明子はともかく、アレーナは実力的にまだまだかなぁ……
グランプリファイナルでうまく滑れなくて泣いてたりしたのは、すごい可愛いんですけどねぇw


posted by 文公主 at 19:03 | 福島 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。