カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2010年09月29日

勉強しましょ

もう,買ってからずいぶん経ちますが,こんな本を買って自転車の知識を増やしています。




近所の本屋さんには無かったので,Amazonさんで。

前者が自転車の選び方から日頃の整備など,後者がトラブル解決という文字通りですが……
前者にあるパーツ交換は初心者には要らず,後者にあるチューブ・ブレーキシューの交換と洗車や注油などは初心者から必要と分け方に疑問はありますが,本格的に自転車に乗ろうと思ったら必須の知識と言えるのではないでしょうか?

ずばり,持ってて損はありません。


わたしにとってはVブレーキのリリース方法を覚えられただけで効果絶大でした。
それまでは,車での搬送やパンク修理の度にブレーキを外していたので……


敢えて難点を挙げるとすると,この本に載っていることを自分でやろうとすると,専用工具をいろいろ買わなくてはならないことです。


ケミカルも結構増えたし,チェーンカッターも買ったから,つぎはボトムブランケットツールが欲しいなぁ……











posted by 文公主 at 20:36 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月28日

明日の繁栄

DOLだけでなく,ドミニオンも新しい拡張セットが出るそうです。
Amazonのオススメリストを眺めていたら載ってました。





発売日は11月25日で名前は『繁栄』とのこと。


ホビージャパンの公式サイトにもまだ情報は載っていませんが,すでに発売されている英語版の翻訳をしているサイトがありました。

http://d.hatena.ne.jp/stepup0191/20100806/1279690020


勝利点10の植民地とか,財宝5の白金貨がバランスブレイカ−にならないといいのですが……
これらって,錬金術以前のカードしかない場合でも基本サプライとして入れるようになるんでしょうか?

そのほかにも,コスト6,7!,8!!のアクションなど,高額カードが大幅に追加されているほか,追加されているアタックには相手を邪魔するばかりではない,効果も含まれているようです。強力は強力そうなんですが



新たなトークンも増えているほか『プレイ』という新たな概念が発生するようです。
カードの説明を見ただけでは『プレイ』という概念はいまいちよくわかりませんし,英語のマニュアルを読むのは面倒そうなので,日本語訳待ちですね。


錬金術のカードにも,細かいところで疑問のある所があるのですが,そういった点はどこに相談したらいいのでしょうね?
posted by 文公主 at 21:04 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月27日

スーパーサブ

先日,ペダルのガタピシを起こしたうちの自転車は,新しいビスで締め直してもいっこうに事象が解消されず,クランクやBBの交換を含めた対応をお願いするため,昨日自転車屋さんに預けてきました。

おそらく,両方交換でパーツ代含めて1〜2万の出費になるでしょう。
修理期間は……パーツ取り寄せにかかる時間も含めて1週間以上でしょうか。




その間は通勤の足が無くなって,おとなしくバス通勤に戻ると思いきや……


00001795.jpg00001796.jpg


何故かここにもう一台自転車が


ご覧の通りの折りたたみ自転車で,イギリス発祥のSTRIDAとい自転車だそうです。
生産を委託している中国工場で海賊版を作られたり,ライセンスが切れたとかでB-CONが似たようなの作っていたりと,結構有名なブランドみたいですね。


わざわざ折りたたみ自転車を買ったのは,『折り畳みなら,雨が降ったときバスに持ち込んで行き来できるかも』などと思ったからです。


RSR-3は泥よけもないしタイヤもスリックなので,雨の日はもとより路面が濡れている日も危ないので乗りません。雨が降りそうなときもやめてます。
これが,多少濡れてても走れるし,いざとなったらバスで……とできればいいかな,と思っていたのです。


が,そのもくろみは届いた瞬間潰えました。


折り畳みとは言っても,結構大きいのです。ルイガノと比べるとこれぐらい


00001797.jpg


帰りはともかく,朝の混雑した通勤バスにこれを持ち込むのは迷惑です。
梅雨が明けたぐらいに届いたこともあって,中途半端な天気があまりなく,なかなか出番がありませんでした。それがこんなところで役立つことに。



折り畳み自転車を選ぶにあたっては優先度順に

・折り畳みに工具が不要なこと
・分離しないこと
・たたんだ状態で転がせること
・重量10kg程度
・価格5万前後

みたいなことを考慮しました。

最終的にはこのSTRIDAの他に,CarryMeとA-Bikeあたりが候補に残ったのですが,他の2車種は車輪が極端に小さくて段差踏破に弱そうなのと,ディスクブレーキ装備ということでSTRIDAは雨天時のブレーキ性能に期待できるというのが選択理由です。
まぁSTRIDAのデザイン勝ち,という面もありそうな気もしますけど。



出番も少ないのでまだ100キロと走っていませんが,乗り心地は……


結構キビシイです。


まず,RSR-3と並んだ写真にあるとおり,RSR-3より椅子が低くハンドルが高いです。
乗車姿勢がほぼ直立でママチャリに近くなり,ロードバイクでは前傾になって腕・脚・腰(おしり)に分散している重量がすべておしりにかかるため,すぐおしりが痛くなります。一度に走破できるのはせいぜい10キロ,頑張っても15キロ程度でしょう。長距離に乗るには向いてません。そもそも長距離乗る自転車でもないでしょう。


車体の安定性能が極めて悪いです。まっすぐ走るのが大変です。
RSR-3なら車と信号さえなければ会社から家まで手放し運転でも帰れるでしょうが,これは両手でちゃんと握っていても結構ぐらぐらします。製品同梱のマニュアルにも『運転に慣れるまで公道に出ないように』といった但し書きが……
わたしもこれに載って走った初日,歩道脇を走っていてコントロールし損ねて縁石にペダルをぶつけて転びそうになりました。反対側を車も通ってたし,危ない。


スピード出ません。
平地で頑張れば25km/hぐらいは出るのかも知れませんが,そう言う乗り方をする自転車ではないでしょう。18km/hを超すと,もう「しゃかりきに漕いでます」という感じになるので,適度にペダルに抵抗がある範囲でのんびり漕ぐと12〜14km/hぐらいが適当な速度でしょうか。
慣れてまっすぐ走らせられるようになると,普段よりのんびりぼけら〜と走ることになるので,空や木々や山々に目をやったり,たまにはいいものです。


自転車の性能で見ると当然ながらロードバイクの圧勝ですね。


これは比較のしかた,もしくは使い方が間違っているのでアテになりません。


STRIDAは折りたたんだ時の収容性を活かして車(持ってませんが)に積んだり,電車で出かけた先で乗るのに持っていく,というのが正しいのでしょう。
これから秋の行楽シーズン,出かけた先で紅葉の下などを走り抜けるのにはもってこいでしょう。


問題は……わたしが出不精なモノで,家から自転車で出かけるならともかく,公共交通機関を使ってまで観光に出かけようという,気持ちがないことですかねぇ
posted by 文公主 at 21:34 | 福島 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月24日

やっちゃった

今,ニュースを見て初めて知ったのですが

やってしまいましたね

・希土類禁輸
・邦人拘束
・交流打ち切り
・油田掘削

好き放題投げてくる相手に対して,こちら側に切る札がほとんど無かったとはいえ,投げちゃいけなかった。
『退かない』ってカードだけが有効だったと思うんですけどね。

まぁ,検察が判断したなら越権,政府の指示なら判断ミスです。


近いうちに今度は上陸してくるのでは?
だって,それで捕まっても釈放されるんだし。
posted by 文公主 at 21:22 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2010年09月19日

大クリッパー走行性能試験

大クリッパーとクリッパーでどれぐらいの速度の違いがあるか,確認してみました。

我ながら信じられない結果が出たので,内容の保証はしません。
風向きが変わると当然結果に変化が出るので,本当は同時に走らせてみるのがいいのでしょうが,無理です。


試験項目は以下

1.長距離航行試験
大西洋を南北に往復して長距離の速度を検証
(1)ヨーロッパを経って北大西洋海域に入ったら進路を真北に向けて,世界の果て(Y座標2048付近)で停船する
(2)日付が変わるのを待って,水食料を40日分ずつ(大クリッパー144,クリッパー96),資材15,弾薬5に変更
(3)進路を真南に向けると共にSSを撮影。順次,操帆・急加速・見張り・運用を発動
(4)新たな海域に入る度にSSを撮影。中央大西洋(4100),サンロケ岬沖(4610),南西大西洋(5120),ジョージア海盆(6400)
(5)南の世界の果て(Y座標7167付近)に達したらSSを撮影,進路を北に向け復路へ
(6)新たな海域に入る度にSSを撮影。南西大西洋(6400,サンロケ岬沖(5120),中央大西洋(4610),北大西洋(4100)
(7)北の世界の果てでSSを撮影
(8)SSの撮影時刻から,海域移動までの時間を算出
(9)以上の作業を,大クリッパーとクリッパーの急加速有無の4パターン実行する


2.短距離加速試験
港から秒針が0の時にまっすぐ出航した時の10秒ごとの測量座標から移動距離と速度を検証
(1)出航前に水食料を40日分ずつ(大クリッパー144,クリッパー96),資材15,弾薬5に変更
(2)秒針50秒:出航して測量を発動
(3)秒針0秒:帆全快と同時にSS撮影。順次,操帆,急加速,見張りを発動,運用は使わない
(4)以後10秒ごとに測量が切れるまで,SSを撮影する
(5)各SSの測量座標から総移動距離と,10秒ごとの移動距離を算出
(9)以上の作業を,追い風時(ヴェネツィア出航)と向かい風時(アムステルダム出航),大クリッパーとクリッパー,急加速有無の計8パターン実行する


結果1

00001787.jpg

00001789.jpg


やはり大クリッパー+急加速がトップですが,クリッパー+急加速も負けていない。
50分走って7秒差というのは,誤差と言っても過言ではありません。
正直言って,体感では大クリッパーの方がもっとずっと速いと思うのですが……

クリッパーが急加速の有無で3分違うのに対して,大クリッパーは2分だけ。
実際は航路の定め方次第で変化するのでしょうが,大クリッパー+急加速にはあと1分は上げて貰いたいところです。


結果2

00001790.jpg

上が向かい風(アムス)で下が追い風(ヴェネ)です。


00001791.jpg00001792.jpg

左のグラフが距離で,右が速度(10秒あたり)です。速度は傾向が見たかったので近似してあります。

全般的にクリッパー+急加速が最速。どの船も60秒頃には加速は止まる傾向が見えますが,これで見る限りは終始急クリッパーが速い。確かに,先の航行試験でもクリッパーが差を詰めている部分があるのですが,もしかして逆風ではクリッパー有利?それとも,これから先の時間で大クリッパーが上がってくるのでしょうか?


00001793.jpg00001794.jpg


こちらは急大クリッパーがトップ。序盤はクリッパーと変わりませんが徐々に引き離して最終的には結構な差に。
速度が上がったせいか巡航に移るまでの時間が長くなっていることが見て取れます。



今回の結果では大クリッパーとクリッパーの差があまり出ていないこともショックでしたが,ここまで数値が違うにもかかわらず,加速性能がほとんど変わらないのがびっくりです。


大クリッパーになれば,FSで加速もガンと上がって,海賊に絡まれても今まで以上に楽に逃げ切れるものと期待していました。

これだと,ほとんど追いつかれないというのは達成したとしても,追いつかれてしまったあとの展開はあまり変わりなさそうですね。
posted by 文公主 at 20:43 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2010年09月18日

なにごともほどほどに

家に着いたのが出発してから8時間後……ふらふら

今日走ったのは結果からすると100キロちょっとなのでそんな無理したワケではないのですが,

間違って不整地につながる道に入ってしまって,無茶して突っ込んだあげく行き止まりで引き返したりしたので主に気力面で消耗しました。
あの不整地でハンドルに伝わってくる数多くの振動は,自転車には辛い。ママチャリでも不整地ガンガン行っている人も居ますが,何故平気なんでしょう?


あと,時間がかかった一番の原因は自転車自体の不良です。
こぐ度,左のクランクから「ギシギシ」とガラクタ音が……

以前も左クランクがギシギシと音を鳴らしたことがあったのですが,調べたところによると,これはクランクの締めが緩い時に起きるらしく,クランクを締め直せば治るとのこと。

前回はこれによって事象は解消したのですが,今回はいくら締めても収まらない。いったんビスを完全に抜いてから締め直したりもしたんですが,完璧には解消されず。

とりあえず,締め増すと一時的には改善するので,悪化する度にどんどん締めることに。とうとうそれ以上締まらなくなって,ビスの山がつぶれるまでレンチで締めたのですが結局治ることはありませんでした。

家に戻る直前に,自転車屋さんに持ち込んで調べて貰ったところ,右のクランクが予想以上にしなるというかぐらつくとのこと。クランクの受け側(BBと呼ばれるパーツ)が多少摩耗していて居る可能性もあるのではないか,ということですが詳しい事はわからず。


わかったのは

00001786.jpg


どうも,クランクの固定用のねじを締めすぎて,かえってねじ切ってしまった模様。


平均よりかは力持ちだと思いますが,さすがに締めただけでねじをねじ切ったのは初めてです。


「自分で整備するなら,ねじは正しいトルクで締めるように」との忠告をいただきました。


あと,クランク側のねじが1本使えないので抜けたままになっているので,「治るまで乗らない方がいい」とも。


自転車で使えるねじってホームセンターとかで,売ってましたっけ?
posted by 文公主 at 19:06 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月12日

速さへの挑戦

東アジアが安全海域になっているので,南蛮交易を兼ねて日本へやってきました。

レベル64まであと14000,インド,東南アジア,東アジアのクエなら頑張れば1日で稼げる経験値でしょう。

そんな中で,早々とカタコンペアップデートで実装された巫女装束白拍子の衣装を入手しました。
着るモノが無くて店吊り品を着ていましたし,能力値的に温存するような衣装でもないので,しばらくこれで過ごすことにしました。

鉄のグリーブ付けてても,わからないのがGood


00001779.jpg00001780.jpg00001781.jpg

標準色は赤ですが精悍なイメージの濃紺に色変更して着ています,色変更の対象には緑が欲しかったですね。イメージどおりには加工できませんでしたがたとえばこんな感じで。



00001782.jpg


新しい衣装で気合いが入ったおかげか,思いの外あっさりLV64に到達。
大クリッパー(2番艦)に最後の仕上げをすべく,南蛮交易品を積んで欧州へ帰還します。


欧州帰還後は操船熟練度上げにオスロで石像を作りまくったりして,強化性能もMaxまで到達。
状況は以下です,上からクリッパー,大クリッパー(熟練0),大クリッパー(熟練Max)


00001783.jpg00001784.jpg00001785.jpg


大クリッパーと比べて帆性能が60〜70上昇,メイン帆を5つ付けても旋回11に加えて強化舵,嵐の中でも余裕で航海できそうな対波17

対波が高いと加速性のが上がるという話なので,チーク装材で1%の帆性能上昇を切り捨てて,対波に突っ込みました。これから比べてみないと行けませんが,クリッパーと比べてどれぐらい変わっているのでしょうかね?楽しみです


posted by 文公主 at 13:38 | 福島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

2010年09月10日

8000キロ

8000キロに到達です。


00001777.jpg00001778.jpg


このところ天気がよい日が続いたので,前回からの800kmは1ヶ月半。3ヶ月換算で1600kmになろうかというハイペースですね。

通勤で往復20キロの所を遠回りして30キロしたりして距離を水増ししたりもしたので,通勤途中の同僚に見られてたらしく

「なんで朝からこんな所にいるかと思った」なんて話もいくつか……わーい(嬉しい顔)


朝早く出て気温の上がらないうちにのんびり走るのもいいものですよ?
距離が長くなる分,会社に着く頃には汗だくなのは相変わらずですけれど。


とりあえず残り2000キロ!!
達成も見えてきました。

始めた頃は3年で1万キロというのは過大広告の様な気もしていましたが,定期的に記録を取って進めていくとなんとかなるものですね。


結構運動しているはずなのに体重が減らないのは,ちゃんと記録を取っていないせいでしょうか……
posted by 文公主 at 19:50 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月07日

キリン杯グアテマラ戦

困ったもんだ

パラグアイ戦はよかったのですが,今回はなぁ


全体的に選手の格が落ちるのでしょうがないですが,スターティングメンバーで試合が作れるのが少ない。相手が弱いので何とかなりましたけど

決定機を演出できるのが本田と橋本しか居なくて,本田が点にこだわって前線に張り付いてしまった結果,攻撃がまともに組み立てられなくなってしまいました。
ときおり本田に通ると,何とか攻撃になるという感じ。


堅剛なり遠藤なり,ボランチなどの位置で試合を組み立てていく役割の人が必要ですね。
もちっと若いので,そういう役割の人が居ないかなぁh
posted by 文公主 at 21:43 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

文学少女見習いの卒業

文学少女見習いシリーズ,完結

00001776.jpg


フルメタの完結や蒼路の旅人なんかの感想も書かなくてはいけないとは思うのですが,この『見習いの卒業』が特によかった。


瞳編の終盤から最終菜乃編にかけての菜乃がすごくいい。
なんというか,恋心にかぎらず真摯さというものはそれ自体が魅力である,というか何というか……暴走しがちなのはご愛敬ってことで。


作品として特にすばらしいのが,菜乃の恋心を追いながらも,心葉の相手が遠子だということを,これでもかというぐらい実感させてくれること。全く出番なんて無いというのに……
それに,ななせのこころの整理までつけてしまうとは……


野村美月,腕を上げたなぁ
うさ恋を書いていた人と同じとは思えないぐらい。



この先挿話集4とかも出るそうですが……『文学少女な編集者』は蛇足にならないといいですけど
posted by 文公主 at 20:54 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。