カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2011年02月28日

Resoratorポンプ交換

新しいポンプが届きました。
この記事は復旧したマシンで書いてます。


専用品かと思いきや飼育用の汎用品と言うことで,amazonにはありませんでしたが楽天で売っているところが見つかりました。


00001883.jpg

届いたものはスイッチ無しで電源に直結するタイプでしたが,Resoratorのタンクのシーリングを通すのとON/OFFスイッチに接続するのもあって,一回切断します。


Y字圧着端子の加工をする前に,Resoratorの基底部にあるケーブル穴を通します。
まずゴムパッキンをはめてシーリング用ボルトを使ってしっかり締めます。ここがしっかりしてないと水漏れしそうですからね。


00001884.jpg

その後,Y字圧着端子を付けて,SW部分に組み込みます。これで基底部の工作は完了。



00001885.jpg

タンク部分の基底部と連結して少量の水を入れてしばらく放置。接続部分から水が漏れないか確認します。


水漏れがないことを確認したらタンクにチューブを接続して,ポンプのSWを入れます。
壊れたフローインジゲーターを外してしまったので,流れがあるのかどうかよくわかりません。


そこで色つきのクーラントを真っ先に投入


00001886.jpg00001887.jpg


透明だった冷却水があっという間に,クーラントの青色に染まっていきます。
この水の勢いは新鮮かも,最近は水枕部分までちゃんと水を満たしてやらないと気泡を押し流せないようでしたが,あっという間に水が一巡。


本来なら,これだけの能力があるのでしょうね。でもなかなか新鮮です。


さて,ここまで来て水冷部分の復旧は果たしました。


重要なのは,107度を記録したCPUが生き残っているか……ですが


ご覧の通り無事復旧しました。


100度超を記録した直後に,BIOSメニューだけを起動してみたところ90度台で起動することは確認していたので,なんとかなるだろうとは思っていたのですが。

Windowsの起動まで確認できて安心しました。


あとは,あきらかに熱で変質したチューブが何らかの不具合を起こす前に変えてあげないと行けませんね。


posted by 文公主 at 20:17 | 福島 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月26日

分解します

チューブを切断して水の流れを確認してみましたけど,20センチより上には水が上がりませんでした。これはポンプの能力じゃなくて,水圧で上がる分だけっぽいかなぁ


調べてみるとResoratorのポンプを交換したっていう情報は結構あるみたいですね
公式ページにあるマニュアルにもポンプの交換方法が載っているぐらいですし。


00001880.jpg


とりあえず,マニュアルに沿った形で分解してポンプの型番を調べてみます。

00001881.jpg00001882.jpg


どうやら日本のメーカーのポンプみたいです。
まだ同じ方のポンプが販売しているらしく,購入は可能なようですが……

どうも本来は魚を飼う水槽用のポンプみたいですね。
posted by 文公主 at 06:15 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月21日

大惨事発生2

PCが突然シャットダウンしました。

そういえば,最近ポンプから異音がして夜うるさいんで,PCを使わないときは水冷システムの電源を切っているのでした。
熱暴走しかけたので自動シャットダウンしたんですね,危ない危ない。

ポチッとな

ポンプの電源を入れて再起動。
よしよし,起動しますね。


使うことしばし。


再びシャットダウン。
水冷は動いてるし,冬だから熱暴走はないと思うんだけど?モバQ

もう一回電源を入れてから,BIOSメニューでPC HEALTH CHECKを確認。


System:38℃
CPU:107℃



はっはっはっ,100℃超えるなんて,冷却水も蒸発するじゃない……


ぅををををぃっ!!!!



慌てて電源切りましたわさ。
写真なんて撮る意識も持てませんでした。


何らかの間違いであることを祈りつつ,ケースを開けてCPUの水枕を触ってみると……熱つつっ!!

ものすごく熱い!!


まじかぇ〜(巻き舌)


00001878.jpg00001879.jpg


水枕周辺に気泡,全然水が流れてませんね。
あまりの高熱に曝されたせいか,水枕の下流のチューブが変色して白濁してます。


前回の教訓から水枕を金属製にしていたおかげで水枕が解けて漏水するっていう事態は避けられましたけど……



水冷システムだけ動かしながらしばらく様子を見ていましたが,水が流れる様子がありません。

異音を発するほど調子の悪かった水冷システムのポンプがとうとう逝ってしまったのでしょうか?


Resoratorを導入したのは茅ヶ崎に居た頃だったでしょうか?実は,うちのPCで一番古いパーツなんですよね。
不具合起きてもしょうがないかなぁ


とりあえず,動作部分はポンプしかないのでポンプの状況を確認すればいいと思うのですが……
この巨大システム,どうしましょう?
posted by 文公主 at 22:07 | 福島 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月12日

隠蔽用包帯

00001876.jpg00001877.jpg


ブックカバーも買いました,ライトの付いてないやつです。今回もSonyStyleです。

これ以上の傷を防ぐのと,先日付いた傷が幸いにも左手,ブックカバーで言うと背表紙側だったので,傷を多少隠してくれるかな?と期待しての購入です。

付けてみると,結構いい品ですね。


Reader自体がブックカバーの取り付けを前提とした設計になってますし,カバー側の裏表にマグネットが付いていて,かっちりと本体を保護してくれる仕組みになっています。


これから買う人は,是非ブックカバーもセットで買いましょう。


落として傷を付ける前に……もうやだ〜(悲しい顔)



さて,私の買ったブックカバー,色名がグリーンになっています。
サイトの写真を見ると,どう見ても赤と白のツートンなのでなぜグリーンと呼ばれるのか不思議でしたが,実物が届いてみると納得しました。

写真で見てもわかりませんが,白く見える部分は実はごく淡いグリーンです。
他のものと比べてみたわけではありませんが,シックでいい配色です。
posted by 文公主 at 15:21 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月07日

しまった

00001873.jpg00001874.jpg00001875.jpg


たった三日でキズモノにもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


会社に行くとき鞄に入れて傷が付かないようにと着替えにくるんで持って行ったのですが……

すっかり存在を忘れて着替えを鞄から取り出したときに,落ちてよりによってロッカーの角にごっつんと……


posted by 文公主 at 21:15 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月04日

おやおやおや?h

00001869.jpg

00001870.jpg

00001871.jpg

00001872.jpg



SonyReader買っちゃいました。2万4千円也

機種の決め手は納期です。Kindoleはいつ入るかわからなかったのですが,その辺の通販で1〜2週間,SonyStyleだと三日後ぐらい。

カカクコムとかで調べても,SonyStyleとの価格差は数百円程度だったのでそのまま直販で。



電子ペーパーの見やすさを,見たことない人に一言で伝えようとすると。

量販店に展示してある携帯のモックアップの液晶サンプルみたいな感じ


です。

液晶とは違うので暗いところでは全く見えませんが,日向で見ても平気なのと,表示も意外とはっきりしていて凄い見やすいです。

さすがに動作が遅いのはしょうがないかなぁ

posted by 文公主 at 23:11 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月01日

さてと

成否はともかく本は斬ったので、次はスキャンです。

ただ単純にスキャンするのではなく,読むときに見やすいようにうまくスキャンしなくてはならないのですが……

ぶっちゃけ,読むときに何を使おうかが決まってないのです。

SonyReader か 第3世代Kindle のどちらかのつもりです。

バッテリーの保ちがよい電子ペーパー一択なので,iPadやGALAPAGOS,GalaxyTabなどは候補に入りません。
KDDIのなんちゃらは電子ペーパーでも,さすがにダサ過ぎるので選外ですね。


とはいえ,環境が決まらないと比較もできないので,とりあえずダウンロードの楽なSonyReaderのPC版で試してみることにします。楽,とは言っても英語サイトに探しに行かなくてはならないのですが……


で,ScanSnapの設定をいじりながら同じ原稿をスキャンしてみた結果がコレです。


スーパーファインモード,白黒
00001859.jpg

ファインモード,白黒
00001860.jpg

スーパーファインモード,グレースケール
00001861.jpg

スーパーファインモード,白黒,文字をくっきり
00001862.jpg

スーパーファインモード,グレースケール,文字をくっきり
00001863.jpg


これを見る限り,
・グレースケールより白黒
・ファインよりスーパーファイン
・白黒に関しては文字をはっきりさせる必要なし


ということになります。
巷の評価ではヒョウやグラフが入った場合にはグレースケールとありましたが,この調子だとグレースケールでスキャンした本は線が細すぎて読むのが辛そうです。



さて,続いては図表……というかイラストです。

私はラノベ読みですから,イラストがどれぐらい表示できるかは気になります。
まぁ,「本質は読み物だし,イラストは捨ててもイイかな?」とは思いつつも,ある以上はちゃんと綺麗に出してやりたいです。


そんな評価結果がこちら

00001864.jpg


左から順に
スーパーファイン,白黒
スーパーファイン,グレー
スーパーファイン,グレー,文字くっきり


見るからに白黒はダメですね。グレーのはっきり有無は好みが分かれそうですが……

というと何?


文章部分は白黒でイラストはグレー,その上で両方マージしないと行けないって事?
面倒ですねぇ

posted by 文公主 at 21:58 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。