カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2011年03月21日

3月21日

ネットに接続できない間,記録を残さなきゃいけないと思って書きためてましたけど,やっと追いつきましたね。

出勤の定番で5時50分起床。
最後の卵と余った冷やご飯で炒飯を作る。卵の消費期限も10日ぐらい前なんだけど。


会社の復旧は本格的にすることが無くなってきました。
電気が入った建屋のネットワークを順次確認していくだけ。壊れた機械もなくて楽な物です。

暇をもてあまして災害情報を確認しているうちに,震災後の衛星写真が公開されているとの連絡がありました。撮影日は3月12日とのこと。


00001934.jpg
00001935.jpg


参ったなぁ,ホントに海と繋がってますよ。
水没した地域もずいぶんとあるなぁ





posted by 文公主 at 21:00 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

3月20日

今日は休みです。

食料の買い出しに市内のスーパーに並んだ後,海側に向かいました。

興味本位という面があるのは否定できませんでしたが,行ってみると溜め息しか出ませんでした。

撮ってきた写真のいくつかを位置と併せて並べます。


00001895.jpg00001894.jpg


00001896.jpg00001897.jpg00001898.jpg


00001899.jpg00001900.jpg00001901.jpg00001902.jpg


00001903.jpg00001904.jpg00001905.jpg00001906.jpg


この辺までは運動を兼ねたときの通勤路です。
この時期だと,一面準備が始まる前の田んぼの筈ですが,海の中に道が通っているかのよう。
本来は視界にいろいろな建物が目に入るのですが,それらが一掃されて代わりに水に浮く無数の瓦礫。
松川浦に近づくに従って,次第に潮のにおい,次いで油のにおいに変わりました。おそらく,座礁した数多くの漁船から漏れた油でしょう。水面にも油が虹を張っています。




00001907.jpg00001908.jpg
00001909.jpg



比較的簡単に似たアングルの写真を発見できたのでこちらはペアで……
正確には震災前の写真は2枚とも,一本松川浦よりの農道です。


00001910.jpg00001911.jpg00001912.jpg00001913.jpg


00001914.jpg00001915.jpg00001916.jpg00001917.jpg


00001918.jpg00001919.jpg00001920.jpg00001921.jpg



00001922.jpg00001923.jpg00001924.jpg

おそらく,松川浦を臨む,という意味ではもっとも見晴らしの良かった写真。複数撮った写真を連結してパノラマにしてみました。
2枚目は,望遠を最大にして太平洋側を撮った写真。本来なら,松川浦と太平洋の間には道路が通っているはずなのですが,松川浦の陸側から見ても押し寄せる波飛沫が見えました。
どうやら,松川浦と太平洋の境目の細い道が押し流されて繋がってしまった模様。



00001926.jpg00001927.jpg00001928.jpg00001929.jpg


相馬港から松川浦大橋へ至る途中の交差点。
タンクの残骸が転がっている場所には,本来野球のグラウンドがあって,休みの日には少年野球の試合が行われているのを目にしたりしていたのですが……


00001930.jpg00001931.jpg00001932.jpg00001933.jpg


建物の被害,という意味では一番大きいのではないか,という相馬の海水浴場周辺。
海水浴場を守っていた消波ブロックが崩れていて,波が砂浜を削り取って行っている模様,もしくは沈降してしまって以前より波が高い位置まで押し寄せるようになったのか……

海水浴場を挟んでは,海水浴客を目当てに休憩所や宿泊所が軒を連ねていたのですが,一切合切瓦礫です。
その後ろが高くなっていたせいか,押し流されたのではなくそのまま瓦礫に変換された観があって,瓦礫がうずたかく積もってました。



こう見てきてしまうと,相馬の街側ははっきり言って被害は軽いです。

主要なインフラで止まっていたのは水ぐらいで,下水が処理に困ると言うこともありませんでした。現状正常になっていないのは燃料と輸送ぐらいです。


海側は根こそぎ無くなっていて,被害という表現では実態を表さないような気すらします。


今回の件,『地震』をキーワードとして呼び名が付けられていますが,戦後最悪と呼ばれる被害を引き起こしたのが『津波』であることを実感しました。



会社の同僚には海側の様子は見たくない。という人も居るのですが,見に行くべきだと感じました。その理由をうまくは説明はできないのですが,行けばわかります。

見に行った他の人も,『見に行くべき』と言ってました。
posted by 文公主 at 20:39 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。