カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年09月02日

また辞めてしまいました

今度は福田総理が突然辞任してしまいました。
先代の阿部さんに続いて,2代連続で一国の宰相がその椅子を投げ出してしまうという椿事です。
後年振り返ったときに,日本没落の嚆矢として歴史に記録されないことを祈るばかりです。



会見では,辞任の時期は今が最適と言っていましたが,このタイミングはオリンピックが終わるのを待っていた様に思えてなりません。

福田さんが辞任したときの最有力の後継候補である元外相はタカ派で知られています。
あくまで弱腰……というかご機嫌伺いをしているとしか思えない外交姿勢の福田さんとしましては,代替わりしたあげく開会式をボイコットするなどと言ったキゼンとした行動に出られてご主人様主催国のゴキゲンが悪くなると困るので,引き延ばしたのではないでしょうか?
もしかすると,某国家主席には事前に伝わっていたのではないかという邪推すら抱いてしまいます。



もう一つ,この時期に辞任する意図として考えられるのは,あくまで根強い自民党内の反麻生感情です。
阿部さんが辞任したときも最有力の後継候補は麻生氏だったのですが,結果としてはぽっと出の福田さんにかっさらわれた形になっていますがこれと同じ形です。
ただし,ここに来て福田氏を下ろして麻生氏に入れ替えるということは,自民党が次の衆院選までの支持率回復を諦めたということでもあります。


つまり

@自民総裁に麻生氏就任
A解散総選挙
B与党過半数割れ
C麻生氏引責辞任



という流です。
麻生氏を担いで勝つつもりなら,もうちょっと福田さんに泥をかぶって貰うことでしょう。


このプランの良いところは,麻生氏の起用によってある程度の支持率向上が見込めるところと,選挙を戦う相手が民主党な所です。
以前,民主党の小沢代表が自覚して大連立の構想に動いたことで知れるとおり,民主党には(単独にしろ連立にしろ)政権を担当していくだけの力がありません(この際,自民党にあるかどうかの議論は除く)。もし,民主党に一旦政権を奪われたとしても,まず何かしら致命的な失策を起こして支持を失うことが予想されます。


よって,先の@〜Cに続けて以下の青写真が描けるわけです。


D民主党政権誕生
E失策により民主党政権支持率低下
F与党の議員を一部転向させて(抱き込んで)内閣不信任決議案可決
G自民党政権の復活



自民党としては一時的に不名誉を甘受すべき必要はありますが,選挙の間だけ麻生氏の人気を利用しつつ,その後排除できるというまさに一石二鳥。
国民の生活やら政治の倫理やら無視した話ですが,自民党が党と派閥の理論を最優先していることは今更言うまでもないことですね。


posted by 文公主 at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。