カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年09月05日

幽霊船後日譚

討伐戦は先生にまかせて、あたしはエピソードを探求することにしようかしら。
運び屋に話を聞きに行くと……また祈祷師に話を聞いてこいって?

00000779.jpg


祈祷師に話を聞きに行くとなると、またフルーツ盛り合わせを要求されるのかしら?


00000780.jpg

なんでかこの前マルセイユでフルーツ盛り合わせを買ったとき2つ買って来たから、まだもう一個余ってるのよね。
誰か欲しがっている人がいれば上げようかと思って持っていたけれど、こんなところで役に立つとは思わなかったわ。



00000781.jpg

今度は2個なんて……
ごうつく体が小さいのによく食べること……



00000782.jpg

またマルセイユまで行ってきたわ。
どうもやっぱしオポルトのおじいさんがなにか知ってるみたい。


00000785.jpg

おじいさんもこう言ってることだし、今度こそは腰を落ち着けてゆっくり話を聞かせて貰おうじゃない。


00000786.jpg00000787.jpg00000788.jpg


ぶっちゃけると、オリビアの岬になってるって事ね、思い出の品を返してあげると成仏するかもしれないって……
長々と話を聞いている間にも入れ替わり立ち替わり人が来てたから、この人たちも座って話を聞きたかったのかもしれないけど……




00000783.jpg

また祈祷師に相談して、花束と一緒に指輪を高台の女性に見せてあげると、どうやらこの人がその登場人物だったわけじゃなくて(死んでます)、怨霊かなにかにとりつかれていただけみたいね。
ふと正気に戻って……やっぱり海は眺めてたけど……



00000784.jpg

運び屋に経緯を教えてあげると……
あなたねぇ、預かりものだったらちゃんと宛先に届けなさいよ。
少なくとも、知らない人にあげたりしちゃダメでしょ、それで幽霊船が発生したりしてるし……

あまつさえ、代わりにくられるというグリーブもやはり預かりもの……
陸上戦で長く付き合う気はないから、防具なんて邪魔なのよね。
あとで先生にあげて、使って貰いましょう


posted by 文公主 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。