カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年12月22日

クラブW杯2008

今年はどうしても外せない仕事が多く,観れてもパチューカの試合ばかりでした。
そして,最後のパチューカ戦が昨日の3位決定戦でした。



前半はガンバが完璧,守備時には高い位置からのチェックと常に数的優位を確保して,パチューカは全く中に入れませんでした。
攻撃はパスを繋いで崩すほか,DFラインの裏を狙ったFWの飛び出し。
播戸のシュートが入らなかったのは残念ですが,あれは止めたカレロを褒めるべきです。


後半に入ってからは序盤は良かったものの,徐々に守備にほころびができてきたほか,攻撃参加の人数が減ってきて有効な攻めができないようになってしまいました。
せっかくサイドでボールを持って上がっても,中にいるのがせいぜい2人で,守備が5人ぐらいいるもんだから,そうそう点は入りません。

中盤の確保ができたので,何とか1-0のスコアでガンバが勝ちました。


パチューカで印象的なのはやはりGKのカレロです。
試合が終盤にさしかかる頃には自らドリブルしてボールを持って上がって積極攻撃を示唆したほか,最終盤にはとうとうフリーキックに積極参加。
こぼれ球を処理しようとして失敗してカウンターに行かれてしまうなど愉快なところもありましたが,その積極的なところは素敵ですね。
額とグローブにカタカナでカレロと書いて貼っているのがキュートでした。


一方決勝のマンU対リガは1-0のスコア以上に格の違いを感じさせられるものでした。
両サイドの朴智星とロナウド,中央のテベスとルーニー,後列からのロングフィードとどこからでも攻撃できるマンUに対して,マンソ一人頼みのリ。マンソのパフォーマンスにはすばらしいものはありましたが札不足ですね。


こちらで一番光っていたのは,イングランド代表FWのルーニーです。
後列からのパスに反応する飛び出し,足に吸い付くようなトラップ,囲まれてもボールを獲られないキープ力。
ボールを扱うのを愉しんでいるのはロナウドかも知れませんが,愉しみすぎてスカッと獲られてた面もあり,ファールを取られたいという意識もあるのか比較的軽く転ぶので,確実なのはルーニーでしたね。
出場時間は短めでも大会最多ゴールということで,MVPというのも納得です。


ただ,プレイ見たときの印象という点では,去年のカカの方が凄かったかなぁ


posted by 文公主 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。