カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年12月24日

ああ,やっぱり

早くもやってしまいました。
自分でもいつかはやるだろうな……とは思っていたのですが。


昨日の日中に雨が降ったらしく,濡れた路面を水しぶきを上げながら帰る羽目になりました。


そして一夜明けて……

ところどころ路面に凍った部分があります。水たまりに氷が張った,というのではなく路面に落ちた水分がそのまま凍ったものです。


放熱しやすい部分(道路のラインなど)にはびっしり霜がおりて,その上を走るとタイヤも真っ白になりました。まあ,それは走っているうちには消えるんですけど……


凍った部分を除けながら慎重に自転車を走らせていたのですが,しばらく走っているとむくむくと氷をふんでみたい気分が盛り上がってきました。


試しにわざと氷の上でブレーキをかけてみると,まっすぐ立てていたつもりの前輪がずるっと滑り,そこに自重がかかることによってハンドルもぐるっと持って行かれます。

予想してもこんなに制御が失われるのでは,予期せぬ急ブレーキなどをかけた日には転倒必須でしょう。


自転車が制御を失うのも怖いですが,もっと怖いのは自動車です。


今日も交差点で信号が変わるのを待ち走り出したあと,わずか後ろから聞こえたのは走り出そうとした自動車のタイヤがスリップする音。

驚いて振り返れば,軽くタイヤの空転を起こしてやや路側側に滑るプリウス。


比較的早めにグリップを取り戻して前に走り出したので,何も起きませんでしたが……
あの滑り具合だと,スタットレス履いてないのでしょうか?
雪国のドライバーの皆さんは,是非ともちゃんと滑り対策してください。

細い曲がりくねった道で自動車とすれ違うこともありますし,安全のために自転車を停めて避けていたのに,スリップして車に突っ込んで来られた!!なんて死に方はしたくないです。


「いつまで頑張って自転車通勤をするか」をつらつらと考えながら自転車を走らせ,会社手前の長いストレートを走っているときに,つい魔が差してしまいました。


もう一回氷に乗ってみよう……


スピードも十分落として,滑ってもつっかえ棒になるよう足もペダルから離して,急ブレーキではなく緩やかにブレーキを握って……


見事にこけました


滑って転んで一回転,自転車から放り出されて,路肩に仰向けに転がることになりました。
冬装備で露出部分があまりありませんから,打っただけで済みましたけど,転んで転がったところに自動車でも突っ込んできてたら死んでました。

そうなったら私も不幸ですが,転がり込まれた運転手も不幸です。


滑らせるつもりで準備しても倒れてしまうぐらいですから,不意の際にはもっと危険です。路面が凍結したら,無理して走らないようにしましょう。


昨夜は路面が濡れてたので凍結しましたけど,今日雨さえ降らなければ乾いて凍結しないと思うので,明日は大丈夫だと思うんですけどねぇ


本日の被害
膝のすりむき,腰の打撲,自転車の傷の具合はどうでしょう?ハンドル曲がってた様な気もするけど……


posted by 文公主 at 13:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
あー、早速^^;;
やはり凍結の度合が福井なんかよりも高いのかな。

凍結してる路面においてスタッドレスなんてそれほどの効果はありませんね。
いったん滑り出してしまうともう止まらないです。
もちろん履いてないのとは雲泥の差ではあるのですが。

Posted by ターキー at 2008年12月24日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。