カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2009年01月23日

意外にも成分無調整掛け流し

今週はずっと箱根に行っていて、今帰ってきたところです。
温泉のせいか、体中が硫黄臭くなって参ったわ。新幹線とかで隣に座っていた方、硫黄臭くてすいません。


一週間も箱根にいたのは……遊んでいたわけではありません。「遊びに行きます」なんて一週間も続けて休みはもらえませんって。結婚してその休暇でももらえば別ですが……


じつのところ研修で会社の保養所に缶詰になっていました。
うちの会社は研修専門の設備も持っていたんですが、業績不振の折にこちらは最近手放してしまったので保養所の方になったようです。
箱根の保養所もこのゴニョゴニョだったときに売り払ってしまったものかと思っていたのですが……


00000979.jpg00000980.jpg00000981.jpg

まだ残っていたみたいです。
隣はIBM様の保養所みたいでした。



研修の内容は社内の専門職養成教育の一環で、現場所長に就任する人を養成するための講座でした。

うちも一応特定建設業を営む会社ですから、そういう教育もしていかないといけないようです。
正式に現場所長に就くには労働安全衛生法やら建設業法とかの兼ね合いで、主任技術者や管理技術者などの公的資格を持っていないといけないのでホントにわたしが現場所長として赴任することは無いんですけどね。


元方(総元締め)ということはなくとも、今の建物(特にオフィス物件)ではネットワーク工事が無いことはあり得ませんから、建設現場に立ち入ることを考えて「行ってきや」と言うことになったのでした。


本社だと専門部隊もいるのですが、うちの部署小所帯になると分業というわけにも行かないのでみんな何でもできないといけないのです。うちのボスも先任もこの教育は終わっているのですよ。



労働基準法・労働安全衛生法を中心とした法務から始まって、現場所長の心得や義務に関する座学、作業指示書の作成やKYMの仮装演習などなどを詰め込みで学習しまして、最後に認定試験。


何とか合格しました。わーい(嬉しい顔)



この研修を受ける前は、何で現場の人はあんなに細かいことまでぶつくさ言うかなぁ、というのが本音でしたが、あれは無理無いですわ。


あそこまでやったってまだ不安ですもの。
何起こるかわからないから。

現場所長なんて、やらずにすむならそれに超したことは無いですわ。



posted by 文公主 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。