カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2009年06月07日

胃が重い……

疲れたふらふらもうやだ〜(悲しい顔)ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)


まぁ、酷い試合


アジア予選で中盤をここまでいいようにされたのは初めて見たわ。


先制した形は良かったけど、主導権握れたのは最初の15分だけで、あとはすべて向こうのゲーム。
セカンドボールは拾えない、パスはカットされる、向こうは止められない、ジャッジもなんだか向こう贔屓?


よくもまぁ、勝てたものです。
押されっぱなしで、いつ同点・逆転されるかと気が気ではありませんでした。今でも胃がシクシクと……

向こうのシュート精度が悪かったので助かりましたね。



なにはともあれ


日本代表 W杯出場決定おめでとう!!!わーい(嬉しい顔)手(チョキ)ハートたち(複数ハート)パンチ



これで残り2試合は消化試合にできるので、岡田監督も新戦力の評価を試合で出来ますね。
本戦および次大会向けに経験を積ませる意味でも、今の主軸は外して休ませて、若手で試合をして欲しいですね。


posted by 文公主 at 01:32 | 福島 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのコメント
いや、私は内容はともかく良い試合だと思いましたよ(^^;
こういう形で勝ちきれないのが昔の日本代表でしたから、あそこまであからさまなジャッジを喰らって、しかも、最後にレッドカードまで貰って人数不足になったのにも関わらず勝ち点3をもぎ取って出場を決めたんですから。強くなりましたよ、ホントに。

パスミスの悪さは元々相手陣営に仕掛けられた点もあります。体格差で劣る日本は、速く低いパス回しでウズベキスタンに対抗するというのは前々から解っていたので、日本の練習コートの芝を15cmも刈り込まれていたんですね。そうすると、グラウンダーのパスが速くなり出しやすくなります。練習はそんな感じでバシバシ出せていたのですが、実際のグラウンドは見て解るとおり、かなり長めの芝になっていましたよね。そうすると、速いパスは出しにくい、転がるパスも出しにくいとなっていたわけです。まあ、ホームの地の利を活かせばこれぐらいはやって当然なのがワールドカップなのですが。

まあ、今回ここまで審判のジャッジも含めてやられたのは、ワールドカップ戦と言うよりはAFCの会長選挙の報復って見方が強いですけどね。マスコミは全然そんな事伝えませんが。

とりあえず、これだけ不利な状況下で出場を決めた日本代表には心から賛辞を送りたいです!
☆彡(ノ^^)ノCongratulationsヘ(^^ヘ)☆彡
Posted by 准将 at 2009年06月07日 13:17
内容はともかくって……w


まぁ、確かに。
1年ぐらい前とかだったら、ああいった試合展開になったらそのまま負けてたでしょうね。
そういう意味では、成長してるんでしょう。


芝に関していうと、見ての通りと言われても……気付きませんでした。
始まってすぐ、絵が荒いなぁとは思いましたけど……現地のカメラでHVじゃ無いせいかな?と

Posted by 文姫 at 2009年06月08日 19:33
カタール戦は、個別で記事立てる気にもならなかったわ。ひどすぎる。


中村とかも、単に疲労とか言うぐらいなら最初から本田と代わりなさい
Posted by 文姫 at 2009年06月12日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。