カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2009年11月17日

ジェンカ

一気に一月以上は巻き戻ったのではないかと思うぐらい,暖かくていい天気でした。


00001568.jpg


遣欧使節団イベントの翌日はの日曜は,こんな天気に恵まれましたので例によって,陽気に誘われて自転車でぶらぶらしてきました。

前の日,イベントのあとも眠さで倒れるギリギリまでDOLで遊んでいて,あけた翌日は家事をやったら即出かけてしまったので,イベントのエントリーも後回しになったのでした。


何度も言いましたが,簡単にいけるような主要ポイントはほぼ制覇しています。自転車で出かけるにしても行く当てが無くて,前回は神社巡りをコンセプトに走っていました。


そこで今回のコンセプトはというと,

00001566.jpg


コレです。
相馬駅を中心に半径5kmの円を描いて,それに近いルートを走ってくると……
半径5kmですから概算で30kmちょっと,少々短くて物足りませんがこの日はやたらと風が強かったのと,半径10kmで円を引いてみたのですが,かなり海の上を走ったあげく,山も登らされる羽目になるので止めました。


00001567.jpg


円とはほど遠い形になっていますが,一応この辺りが『舗装されている範囲で』半径5kmの円に近いルートだと思ってください。




00001569.jpg00001570.jpg


まずは南に下って第一チェックポイント,今日のコースの南端に位置する相馬道の駅です。
静止画の写真で幟のハンパないはためき方がわかって貰えるでしょうか?山から海へ向かって,かなり強い北西の風邪が発生していました。

正直言って,自転車ごと流されます。手放し運転も危なくてできません。


道の駅から左折して海側へ,今回は反時計回りで回ります。コレは,風向きが北西ですので最終盤の行程を逆風にしたくなかったからです。海側から山へ向かう中盤が逆風になりますが,まだこの頃なら体力も残ってると思うので……



松川浦の外,海側を通る道は立派に整備された道路が通っているのですが,南から松川浦の内側へ入る道はなかなか無いらしく。いったん海側まで出たにもかかわらず,北へのルートはかなり内陸側に戻ることになりました。


00001571.jpg00001572.jpg


この右側の写真は松川浦の内側沿いにある水門の管理小屋です。



松川浦沿いを北上して北へ抜けると,相馬火力の辺り。この辺は何度も通っているので写真を撮っていません。


そのまま国道113号を使って,相馬中核工業団地を東地区から西地区へ移動。ついでに途中で職場に侵入して忘れ物を回収してきました。



ここまで来てしまうと,あとは浄水場経由でバッティングセンターあたりに抜けて帰ってくるという分かり切ったルートです。家までの所要時間も計算できます。時間はこの時点で14時,このまま帰れば15時前には家に着くでしょう。


せっかく出かけてトータル40km程度では,少々物足りないですよね。時間もあることですし,最後だけ半径10kmコースの山登りに変更することにしました。



半径5kmコースの途中で右に折れて,山登りを始めます。
国道113号や115号の山越えルートは車通りが多くて危ないので,どうせ山越えをするのならその間に挟まれた県道228号を使って旗巻峠を越えるのが安全でオススメです。

まぁ,ここを通って自転車とすれ違ったことはないんですけど……


00001573.jpg00001574.jpg


旗巻峠周辺での見所というと,常磐道高速の橋脚工事がそこかしこで始まっていることぐらいでしょうか?もちろんここだけではなく,113号や115号沿いでも始まっています。一部はアスファルトを打ち終わっているところもある一方,ここのように基礎も打たれていないところもあるのでいつになったら開通するのやら。
高速道路なんて車を持っていないので関係ないと言えば関係ないのですが,開通式典とかで自転車でも走れるようにしてくれないでしょうか?



00001575.jpg00001576.jpg00001577.jpg



やっと旗巻峠に着きました,ここに来るのは3回目。
目的の天明頂上まではあと3km,この間で高低差が200m以上あるので単純計算で登坂率は7%,登り一辺倒ではなく下りもあるので瞬間最大傾斜は一体どれほどになるのやら……



00001578.jpg00001579.jpg


登坂中の風景。
基本的に相馬では西には山しか見えませんので貴重な光景です。
上がっているところでこんなところに神社も発見……ごめんなさい見落としてました。見つけてたとしても,そうそう来れないですこんな所



やってきました頂上付近,この辺になると傾斜も15度ぐらいというような印象で,ギアをボトムまで落としてもとてもじゃないが上れません。押して上がりましたとも。
ご存じのようにここはゴルフ場なのですが,何この無茶な打ち下ろし!!
パンヤでもこんな無茶なコースは……結構あるか……




頂上まで上がってしまえば,あとは家までずっと下りです。
30分かけて稼いだ高度を5分で消化するような道のりですが,九十九折りの下りコースは下り始める前に思っていたより遥かに難所でした。


まず

ブレーキをかけないと50km/hは越えます。4輪でもこの速度でカーブにつっこんだらたぶん終わりです。


次に

ブレーキをかけても制動力が重力加速度に負けます。前後輪が制動力のベクトルがずれた状態でブレーキをかけると後輪だけが流れます。必ず
前後輪が一直線に並んだ状態で十分に減速をかけましょう。



さらに

季節は秋で前日は雨でした。道路に落ちた濡れ落ち葉は変に踏むと滑ります。ブレーキングおよびカーブのタイミングで落ち葉を踏まないように注意しましょう。


おまけ

すれ違ったあの自動車避けられたのは運が良かったですね。



自転車でのスピードの出し過ぎには注意しましょう。


posted by 文公主 at 21:35 | 福島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。