カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2010年01月11日

全国高校サッカー選手権決勝

山梨学院付属 1-0 青森山田


事前情報は全く収集していなかったので、両校共に事前情報無しで見ていたのですが、戦術のよく似たチームですね。
ダブルボランチを採用して中盤の底を固め、そこから試合を組み上げていく。主力選手をここに置くという意味でも同じでしたし。

高校サッカーとはいえ戦術レベルの方針はJリーグと変わりはなく、あとはただただ完成度が違うという状況のように思えます。すっかり馬鹿にはできないスポーツに……


結果的には山梨が勝ちましたが、技量に差があったわけではなく、むしろ青森山田の方が上に見えました。山梨が1点先制したものの、いつ追いつかれても不思議はありませんでした。


にもかかわらず山梨が勝った理由を考えると、距離ですかね。


まずはボールへの距離、山梨はボールへの寄りが非常に早い。ボールを失った後の対処とセカンドボールへの寄りで上回っていました。ここは選手の意識で勝った部分ですね。


もう一点が、ディフェンスする際の相手との距離。これがより遠い方がいいのか近い方がいいのかはわかりませんが、青森山田のクロスが山梨のディフェンスにあたるというシーンが非常に目立ちました。山梨はあまりそういう目に遭わなかったように思いますので、この辺は山梨のディフェンダーの間合いの見極めがよかったと言うことなのでしょう。


この2点が、貴重な1点を守りきって山梨を勝利に導いたんだと思います。



posted by 文公主 at 16:19 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。