カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2010年06月07日

Windows98復活

VMWareでWin98環境の構築に成功しました。

http://gongzhu.seesaa.net/article/140492123.html(←失敗の様子)

2000に移行してからかなり経ち,Windows98のインストールの手順自体を忘れていたのがうまくいかなかった原因の様です。インストール済みの環境をコピーしておいたので,もうインストールを1からする必要もないかと思いますが備忘録として記入しておきます。



  1. Win98のインストールはCDブートからは行えないため,FDDでWin98の起動ディスクを作成しておく。(失念事項その1)
    無いならここからWindows98.exeをダウンロードして起動デスクを作成する

  2. フロッピーから起動後FDISKコマンドを使ってディスク領域を確保する。(失念事項その2)なお2GB以下の容量しか扱えないとの記述もあったのでCドライブを2GBにしましたがこれはFAT16での上限なのでFAT32を利用しているWin98なら大丈夫のはずなのですが……

  3. FDISK終了後に再起動してFORMATを実行する(失念事項その3)

  4. CDドライブのsetup.exeを叩いてインストールを開始する。



00001694.jpg

ここまで来ると後はWizardに従って淡々とインストール作業を進めるだけですね。
Win98を使っていた当時に比べるとディスクやチップセットの能力が向上しているせいか,インストールは手早く進む印象でした。


そして

00001695.jpg


Windows7上でWin98とWinXPを同時起動するの図。
インストール直後の状況では16色のVGAぐらいしか扱えないので,VMWareToolsをインストールするのを忘れないように。



当然の事ながらWin98の動作は昔とあまり変わりません。
だた,Win98の頃はネットワークとは言ってもダイヤルアップでの利用が多かった頃の話ですので,VMWareの機能で共有フォルダを作ってもどこからアクセスしたらいいのかよくわかりません。とりあえずデータ移行はフロッピーで行っています。壁紙は,久しぶりにSequencePalladiumでも引っ張り出してきましょうか……


次はW2Kですかねぇ,WXPがあれば大抵のことはこなせるので必要性はあまりないのですが……


posted by 文公主 at 20:17 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。