カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2010年11月06日

グランプリシリーズ2010中国大会女子フリー

アマンダ・ドブス
日本語ではかわいそうな苗字。
スピードが遅くて体が重い。大成しそうにないなぁ。ペア上がりに関する解説のコメントには納得。

アレーナ・レオノワ
あまり楽しそうに見えない今年。
もっと幸せそうに滑ってほしいなぁ

コウヒョウワ(中国)
世界ランキング147位?見事な演技はとてもそうは見えませんね。

安藤美姫
最初の3ルッツからのコンビネーションは良かった。またシットスピンで横を向いていたけど,今年の新要素かしら?
後半に5連ジャンプとは言うけど,ジャンプの間に余裕があって,体力的にはともかく構成の密度的には楽なんじゃ無かろうか?

鈴木明子
後半のジャンプでミスが続いたものの,全体の演技としては明らかに安藤よりいい。完璧に滑りさえすれば安藤は敵ではない。
ただ,今回の点数的には後半を成功させた安藤が10点は上回るかなぁ……
あら,ドンピシャw


長洲未来
レイバック系のポジションの美しさは素晴らしい。
失敗が続いた時点で安藤・鈴木の下に付くのは確定,「ついでにレオノワの下まで行って」と思ってしまうのは贔屓の引き倒し。成功したときの演技のキレからするとレオノワでは勝てない選手と評価せざるを得ない。
あら?ホントにレオノワの下まで行っちゃった


表彰台に乗ったことでレオノワがファイナルに出場する可能性は残ったんだけど,2戦目も安藤と鈴木と一緒なのよねぇ。次は優勝しないと,出れないんじゃないかしら?


posted by 文公主 at 20:22 | 福島 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのコメント
今日も小塚が凄くいい。点数待つまでもなく,優勝決定。
ところで,2位のムロズって選手の演技を放送しないのってどうよ。まぁ,名前聞いたこともないし伏兵なのはそうだろうけど
Posted by ベネット at 2010年11月06日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。