カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2011年03月20日

3月13日

起きたのは結構ゆっくり。

やっぱしアパートの住人は車で寝てる。

部屋で寝ていてノンキっぽいかもしれないですが,揺れる前に地鳴りで地震の発生がわかるようになってしまいました。はっきり言って地震速報より早くて正確。

あと,コタツに当たっていても大きめの地震が発生したら即座に机の下に潜り込めるように……
潜り込んだあと思い返しても,体をどう動かしてコタツから出て机の下に潜り込んだか思い出せないぐらい熟練の動きを身につけてしまいました。



地震の前に作っておいた根菜のスープが,地震にも負けず鍋の中に残っていたのでこれを温めて食べる。
地震で落ちてきた壁材の粉末とかが混ざっているかもしれませんけど,これは気にしない方向で……


相変わらず部屋の掃除。

昨日本棚は立て直したけれど,本は収めてないのでそこの作業。

だいたいは前と同じように詰め直したつもりですけど,なんか違う。


昼過ぎまで本棚の整理をしていて,やっぱり水が復旧しないので,また市役所まで復旧状況の確認に行く。
自転車にまたがって漕ぎ出した瞬間,ボスが自転車で現れる。部下の安全確認をしに来た模様。

話をしながらボスと一緒に市役所へ。


今日も「水道団と連絡が取れてないので状況はわかりません」とのこと。

伝令出してないのかゴルァ


市役所向かいの分庁舎で飲料水を配布しているらしいので,貰って帰る。ペットボトルで2L。

分庁舎では給水所も運営しているらしい。あとで汲みに来よっと。



ボスとは市役所で別れたあと,思い立って海の方に向かってみる。

とはいえホントに海まで向かうのではなく,6号バイパスまで行っただけだけど。

行ってみてびっくりですが,バイパスを境に西と東でくっきり分かれてる。津波はどうやらここまで来たみたい。

東は一面泥や藁に覆われてるけど,西は冬の田んぼの状態を維持してる。

ここはうちから500m程度……ここまで来てたのか……



バイパスからは松川浦まで見晴らせるようになっていて,そこまでの間にあった物が根こそぎ無くなっている感じ。

00001892.jpg00001893.jpg


しばらくバイパスを北に向かって走っていましたが,バイパス自体が損傷で通行止めになっていたので降りて家に戻りました。


次はマストの水汲み。

何か適当な容器はないかと家中ひっくり返したあげく,大きめのパッキンとしばらく使っていない灯油用のポリタンクを使うことに。


総容量は30Lを超える事になるので,アキバ名物のキャリアカートも準備しました。


どうせポリタンクの水は飲めないので,近所の宇田川で汲んでしまおうかと,川の水面を見るまで迷いながら出かけたのですが,川の水で済ます勇気が持てず,結局はおとなしく市役所まで水を汲みに行くことに。


カートのおかげでかなりの量の確保することができました。
まずは昨日まで使った食器を洗う。

まさか,この水がトイレ1回で半分も使うハメになるとは思いもしませんでしたが……




水を確保して一安心したので,やっと意識が外に向かう。

昨日は連絡してない家族と話をするために,再度公衆電話へ。前回は使えたテレホンカードが使えなくなって硬貨を投入する必要があり(公衆電話の通話料は既に無料)……


本家へ電話すると繋がらない……

四国の方も津波が行っているって言う話だし,海辺の本家ももしかして流された?,と青くなりながら他の番号へもかけてみてもそれも繋がらない。

どうやら公衆電話も死んでしまった模様。通話音はするんだけど……
とうとう連絡手段が全部死にましたか……

諦めて家へ帰る。

晩ご飯はお餅,海苔と合わせて磯辺餅を2個ほど作る。


posted by 文公主 at 21:19 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。