カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2011年03月20日

3月15日

7時半起床

弱いながらも朝から雨,放射性物質が雨に溶けて降ってくるかもしれないので今日は部屋に閉じこもっておくことにする。コインランドリーに行って洗濯物処理してくるつもりだったんですが明日以降に延期。


野菜分が少ないので今日はネギ,タマネギ半分,ニンジンちょこっと,モヤシひとつかみを使った野菜炒めを作る。


することもないので,こたつでうつらうつらとしながら狐笛のかなたを読む。


昼過ぎにはいったん雨が上がった模様。

15時頃に出かけようかと思ったらまた雨が始まっていた。アパートの他の住人が外に出ていて話したところ,もうこの建物には私とその人ぐらいしか残っていなくて他は皆避難したとのこと。

トイレ用の水とかなら,その辺の農業用水から汲むといいといったアドバイスをもらった。
確かにその方が楽か,そうすれば少しは水をくみに行く機会は少なめで済みますね。


17時半頃,基幹職役ということで出勤していたボスが帰りによって連絡事項の伝達をしてくれた。


明日は通勤バスの乗り込みポイントが増えるらしい。駅まで行くのは困難だから助かる。

放射線情報として自衛隊が市役所付近で計測したところ10時時点で0.0いくつμシーベルトパーアワーの問題なし水準,との見解で,市役所としても避難指示を出すつもりは無いとのこと。

瑞穂工場からのチャーターバスで資材が届くそうだが粉ミルクや紙おむつなどとのこと。これから先は食料が厳しくなると思うので米や野菜を送ってくれる方が助かるんだがなぁ。

ついでにその便で,情シ部長と空情シ部長がやってくるとのこと。気になるのはわかりますが,偉い人が来ても手伝いにならんので邪魔な面もあったり……

その他避難した人もぱらぱら居るらしい。

ボスの家の辺りは昨日の夜に水が通ったらしいので,一応復旧は進んでいるようだ。これはいい情報。


会社の寮が水道が通るようになったので風呂の貸し出しをしているとのこと。これは朗報と用意を調えて寮まで行ってみたけれど,どこが貸し出し用の部屋かわからなくてあえなく撤退。

この状態でまだやっている八百屋があるのにびっくり,





posted by 文公主 at 21:38 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。