カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2011年03月20日

3月17日

5時50分起床。

朝ご飯は磯辺餅×2,あといくつ残ってたかしら?

昨晩深夜に,応援で来る予定の情シ部で一番偉い人と,全社の通信担当の部署の人(私の以前の上司)が応援で到着。いろいろ機材も持ってきたようです。

他のメンバーが新着機材の準備をしている中,私は相変わらず電話の復旧。

IP電話の復旧作業は局線GWが持っている災対機能(SRSTとかいう)のがあるのでそれを使って復旧してみようという試行。SRSTの設定が入っている電話機は限定されているのですが,それをとっていてネットワークに繋いだところ,あっさり局線GWをSIPとして機能が復活。外線発信もできてNTTの局線も活きていることが確認できました。ところが,この電話,発信はできるものの受信はうまくいかず。むぅ

とりあえずできるのはこれぐらい。


工場の偉い人から,メールが使いたいという希望がありました。
自力でメールサーバを立ててでも構内でのメールを使えるようにしろ……とかいう。

外への回線が死んでいるのは伝えてあるので,外への連絡はできないのはわかっているはずです。



『無茶言うな。メールサーバなんか立てても意味ないじゃん,事業所内の連絡ぐらい伝令立ててやれ!!!アホ』


とか思うようではユーザーのサポートはできません。せいぜい言われたまま動く作業員ぐらいですね。


外とメールで連絡が取れないとわかっている以上,彼らも『メールが使いたい』というわけではありません。

ぶっちゃけ,事業所内で活動している他のメンバーと情報共有がしたいだけなのですが,彼らはそれをメールにファイルを添付するという方法しかしか思いつかないだけなのです。

そんなことを言い出すかと思って,まえもってファイルサーバの立ち上げを始めてますよ。


問題は,サーバがRedHatでwinbindでのAD連携を前提の設定になってるので,Sambaで領域切っても見に行けないことですね。
ネットが見れず,設定をカンに頼っているので間違っている可能性が無いとはいえませんが……


結局夕方まで,サーバの立ち上げはうまくいきませんでした。


さて,今日は本社から応援にきた偉い人たちが居て,市内のステーションホテルに泊まっています。

ビジネスホテルではよくあることに朝食は出ても,夕食は出ません。

相馬市内はもうゴーストタウンに近くなっていますので,飲食店はまず営業していません。

相手が偉いのと,応援に来て貰った手前,彼らをつれて食事のできるところに連れてくのが義理と人情ですよね。


昨日,水汲みの帰りに営業しているのを見ていたお店が今日もやっていたのでそこへ連れて行って夕食をとりました。

ここ以外にも細々と営業している店はあるそうなのですが,震災以降外で食事をしたのは初めてです。
ついでに,1週間ぶりにアルコールを口にしました。


食事をしている間に,市内在住の部下からBフレッツが復旧したとの連絡。
うちに帰って確認すると,こちらも復旧してました。1週間ぶりね。


posted by 文公主 at 22:02 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。