カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2006年06月24日

日本のW杯終了

イタリア対チェコがいい試合してました。
双方ともにボールを奪ってから攻撃に移るまでがすばらしく速い。その上、イタリアの守備が整うのがさらに速い。このスピードで試合されたら、日本は全く手も足も出ないなぁと思ってしまいました。


さて、問題のブラジル戦……まさかあそこまで大差で負けるとは思っても見ませんでした。

前半、玉田が先制したときは私も「もしかしていけるかもっ!」なんて思いましたけど、はっきり言って前半から押されてました。パスの精度がが段違いです。日本のパスは途中でカットされるけど、ブラジルはまずフィニッシュまで持って行ってました。たまたまフィニッシュの精度が悪かったので点を取られずに済みましたが、時間とともにギアがかみ合ってくるとごらんの通り……というわけです。


posted by 文公主 at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。