カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2006年07月06日

中田へのラブレター

7月3日 サッカー日本代表の中田英寿選手が現役引退を表明しました。

彼が今回のW杯を最後に日本代表を引退する意を表明することは多くの人が予想していたかとは思いますが、プロ自体を引退することになるとは思っていなかったことでしょう。

かくいう私もその一人です。「もし代表引退を表明しても、次期代表監督や周囲の声によって、ジダンのように呼び戻されることになるだろう」とも思っていました。なぜなら、今回のドイツW杯において、日本では中田のみが唯一ワールドクラスのプレイヤーだと言うことが広く認識されたからです。

おそらく、今回の中田の引退表明は皆に惜しまれつつも「引退するのはやめてほしい」という声はほとんど上がらないでしょう。主義を貫く中田の姿勢が皆に理解され、「たぶん引き留めても聞かない」という意識があるからです。

でも、私は言います「引退するのはまだ早い」
日本のサッカー界には中田の姿勢が必要なのです。そして、それは言葉では伝わらず、ピッチに立つ中田の姿によってのみ伝わることなのです。
これからもフィールドでその姿を私たちに見せてください。


posted by 文公主 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。