カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年07月21日

アジア杯 準々決勝豪州戦

W杯の時にはまぐれで貰った1点を守りきれずに負けてしまったオーストラリア戦ですが、今回は試合は終始日本が優位に進めてました。
優位に進めていても攻めきれないのは不満が残りますが、危なげのない大人の試合だったと思います。

優位にしててもあんなチャンスでポロッと失点してしまうんですから怖いところです。ベトナム戦に続いて、今回もあっという間に追いついてくれたのですが、あれは高原決めたも凄い……優勝できればMVPが採れるでしょう。

相手の退場で数的優位を得たにもかかわらず、相変わらず攻めきれないのでやきもきしました。
延長になってしまうと、中村や遠藤ももう疲れ切ってしまい、オシム監督はFWに元気な選手を投入する起用を採ってきましたが、その二人まであまりボールを送れなくなってしまいました。水野とかの中盤の選手を増やした方がよかったかもしれません。

結局もつれ込んだPKは川口が本領発揮をして最初の2本を止めてくれたので何とかなりました。試合を通して川口の出番がほとんど無かったので、回数限定の川口のスーパーセーブが残っていたみたいです。

ホント、崩れる前に試合が終わるといいキーパーね彼は……崩れ始めると底なしっぽいけど……

高原がPK外したのは、とりあえず勝ったからご愛敬ってことで……



posted by 文公主 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。