カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年08月17日

ものは試しに

新マシンに買えて以降、フレームレートが低いのが悩みの種でした。
主力のDOLで動きがガタガタなのが特に耐え難かったので、Directx9c世代のビデオカードを試してみることにしました。

ハイエンドカードを買うほどの思い切りはなかったので、ミドルクラスのX1950PROを買ってきました。
ミドルクラスとはいえ、2万円近くとHD2600XTとほぼ同等の値段だったのですが……

00000153.jpg

水冷キットを組み込む直前のファンを取り外した状態のそれぞれのカードです。上の短いのがHD2600、下がX1950PROになります。どちらもでっかいファンユニットがついているものなので、チップ周りは比較的平らです。


00000154.jpg

水冷キットを組み込んで動作試験中(ケースに組み込み前)の状態です、HD2600の時には(ボード上で干渉して)利用できなかったVGAメモリの冷却ユニットも装着できました。



その結果ですが……

00000131.jpg
00000155.jpg

上がHD2600XT、下がX1900PROです。
描画系のスコアが軒並み向上しています、特にフレームレートがほぼ条件の59(LCDのため60が上限)まで来ているのが期待通りのスコアです。


つづいて、DOLベンチ
00000134.jpg
00000156.jpg

ほとんどスコアに差はありませんが、ベンチ冒頭の走り出すときに出ていたフレーム落ちが消えています。明らかに動きはスムーズになっています。


ベンチではなくDOLをプレイしてみても動きはなめらかになっています。どうやら、WindowsXP(Directx9c)を使っている範囲では、ATIのDirectX10世代のビデオカードは宝の持ち腐れのようです。


posted by 文公主 at 23:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
おー、うちのメインマシンのグラボと同じだー。

でもいくら世代が違うと入っても、1950と2600だったら1950の方が上じゃない?
Posted by ターキー at 2007年08月18日 21:26
まぁ……
昔はずいぶんスペック的に圧倒したカード使ってたのに同等になってしまうとは残念ねw
Posted by 文姫 at 2007年08月19日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。