カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年09月08日

素足のチェリースカ

海原零の新刊、薔薇色にチェリースカが発刊されてました。
5月の新刊として「素足のチェリースカ」の名前でラインナップされていたにもかかわらず、突然消えて無くなったように見えてた作品です。
買ったのは今日ですが、出たのは……他の方のエントリーを見るに結構前のようですね。


さて作品の方はというと、本を開いた瞬間


「やばい」


学園かつ生徒会かつラブコメっぽい……

ラノベでは似たような作品が乱立し、大抵がテンプレートを切り貼りした様な変わり映えのない作品がひしめく一種の熱的死の世界です。
スポーツもので攻めてくることはないだろうとは思っていましたが、学園ものとは……


物語としては残念ながら特記する様な点はありません。
権力のある生徒会とアンチの主人公というよくあるパターンです、チェリースカの動機に多少の興味を抱くぐらいでしょうか?。
今後ハーレム化したりチェリースカが単なるツンデレキャラに堕するようなことがあれば、作品としては終わりかな?と心配してしまいます。


銀盤大好きな私としては
@冒頭のダンスシーンはちょっと密度があってよかったかも
Aチェリースカとの風呂とトイレの掛け合いは、ピートとタズサのやりとりを彷彿させられました
といったところです。


私が銀盤で海原氏に惚れ込んだ点は、試合シーンに見られるような圧倒的なスピード感と充実感、凝縮感に押し流されるような感覚です。残念ながら今回の作品にはそれがあまり感じ取れませんでした。


銀盤の作者というイメージから脱却を目指すという目標もあるのかとは推測しますが、学園という舞台装置が(私の思う)海原氏の特徴に向いていないのかもしれません。
#ブルーハイドレードもちょっとテンポが遅い感じ

余所のレビュアーのエントリーを見るとおおむね好意的ですが……
甘やかしてはあきまへん、この子はもっとできる子です!!

タズサのパワーに押し流されるような感覚をまた味合わせてくれることを期待しています。


posted by 文公主 at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[海原零] 薔薇色にチェリースカ
Excerpt: 優生会の面目をつぶすために、優生会主催の仮面舞踏会に忍び込んだ綺羅崎ヒロだが、決勝トーナメントへ進んだところで、正体がバレてしまった。幼馴染の真希の手を借りて、必死に逃げたものの、周囲がすべて敵であっ..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-09-08 08:05

薔薇色にチェリースカ
Excerpt: 薔薇色にチェリースカ (集英社スーパーダッシュ文庫 か 6-12)海原 零 集英社 2007-08売り上げランキング : 2451Amazonで詳しく見る by G-Tools それなりにはおもしろ..
Weblog: Alles ist im Wandel
Tracked: 2007-09-10 00:11

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。