カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年10月16日

世界周航・セビリア

世界周航の終着点セビリア、宣言どおりエルカノの手下が封鎖線を強いて待ちかまえていました。

00000349.jpg

さすがにこれは回避できるとは思ってません。頑張って逃げましょうか……

00000350.jpg



ダメでした……それにしても凄いダメージの連撃を……
嗚呼、セビリアを目の前にしてこんなところで倒れるとは……


00000351.jpg

なんてことはないようですw



世界周航を果たしたご褒美に王宮にて祝賀会が開かれるとのこと、エレナも連れて行って構わないとのことでさっそく王宮へと向かいます。
祝賀会にはエルカノも出席しており、世界周航の先達としていけしゃあしゃあと祝辞なんかを述べてくれます。そして乾杯の段になって……

00000352.jpg00000353.jpg

邪魔するのは誰ですっ!


00000354.jpg

バルボサさん登場!!捕まってたのでは無いのですか??


突然登場したバルボサさんの進言により、タベラ枢機卿に手記を見せます。これを読んだ枢機卿はエルカノを退室させ、エレナに問いかけます。
マゼラン家の後継者として立つかどうか。これは、マゼランの遺産を相続する権利を主張することになります。


そしてエレナが選んだのは、マゼラン家ではなくバルボサ家でした。

理由を尋ねる枢機卿にエレナは、世界周航を実現させた原動力は富ではなく船乗りの『名誉と誇り』だと訴え、ここで自分が富を手にすることはその名誉と誇りを踏みにじる行為だと主張します。そして、世界周航に参加したすべての船乗りに、富ではなく名誉を贈って欲しいと訴えます。

00000355.jpg


ええ、この航海の間になんと立派になったことでしょうか。
出会ったばかりの無賃上船や漁船窃盗などの問題行動を起こしていたことはとても思えません。

00000356.jpg

00000357.jpg00000358.jpg00000359.jpg

配下に裏切られて、捕縛されてました。実に悪人らしい最後でした。しかし、あの配下は野放しにしておいてよかったのでしょうか?

「お前も、一緒に来い」「あ〜れ〜」

とか

「馬鹿め!実は私はバルボサ殿の命により……」

とか、どこかに落としどころを付けてあげないと。キャラ的に路頭に迷いますよわーい(嬉しい顔)




00000360.png

それにしても、今回世界周航に当たっていろいろな報酬をまとめて貰いましたけど、一番うれしかったのは


00000361.jpg

このサーカムライナーローブですね。お気に入りの正装として、ちゃんと保存しておこうと思います。


00000362.jpg

冒険lvもついに52に達したことですし、次は念願のクリッパー買いに行きますよ。


posted by 文公主 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。