カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年11月16日

Lenovoクオリティ?

X60sのキートップがまた外れてしまいました。

00000401.jpg

前回は外れただけだったのでまたはめれば良かったのですが、今回はキートップ自体が行方不明になってしまいました。

先週末、准将にパンヤに誘われたときは付いていたので部屋の中にあるのでしょうが、掃除をしても出てきませんでした。


最悪キーボード交換になるかと思いながらも、IBMのサポートデスクに電話をかけます。自動音声のガイダンスに従って操作すると、サポート窓口へ転送され、オペレータが応答してくるのを待ちます。




待ちます……
まちます……
マチマス……
matimasu……



30分後

「大変お待たせいたしました。修理担当窓口のxxです」
「もういいです……」


とは言えませんでした。

電話の向こうのおばさん(たぶん)にキートップが一つだけ外れた事象を伝えたところ、キー一つの対応は出来ないのでキーボード丸ごとの交換になるそうです。しかも、キーボードであればユーザで交換できる仕組みを準備しておきながら、郵送修理になるとのこと。

ここまでのやりとりから、正式サポートでも交換は出来ることはわかりました。ここで一点気にかけておかなくてはいけないことが私のx60sが英語キーボードモデルだと言うことです。
購入当時には英語キーボードへの交換パーツが無かったため、日本語OSモデルを購入して英語キーボードへ換装することが出来ませんでした。
(サポートの公式見解でも、英語キーボードパーツの発売は未定)
このため英語OSモデルを購入してOSを日本語版に入れ替えるというややこしいインストールをせねばならない羽目になりました。

ここで修理に出したあげくに日本語キーボードに換装されて帰ってきたりしては目も当てられません。そこで、サポート担当には英語モデルのキーボードの換装が出来るのかと、在庫の確認をお願いしました。

が、結局キーボードの在庫があるかどうかは確認取れず、英語キーボードに換装できるという言質は取れませんでした。


電話口でずいぶん待たされたこともあって、サポートへの信頼感はガタ落ちです。もしサポートを利用するにしても、郵送修理のため1週間程度はかかるでしょう、TPの換装用キーボードは若松通商でも取り扱っているはずなので、そちらで購入して自分で換装した方がぐっと速いのは間違いありません。


念のため、公式サポートにお願いしたときの費用見込みを聞いてみたところパーツ代(12,600円)+技術料(8,400円)+往復送料(3,800円)=24,800円になるとのこと、若松通商ならば17,980円です。

最終的にはサポートにお願いすることになるにせよ、まずは一回若松通商に相談してみた方が良さそうです。
サポート担当の方にも、パーツを市販しているところに心当たりがあるのでそちらを当てって見ることと、引き続き交換用パーツがあるかどうかの確認をお願いしたい旨伝えました。

最後に一言

「次に連絡するときは20分も30分も待たされなくて済むようにしたいんですけど、どうしたらいいんでしょうか?」


いや、困ってましたね〜。困らせたかったんですけど。ホホホ


電話を切るとすぐさまTPを鞄に突っ込んで外出の支度をします。電話を切って30分後には末広町駅に到着。目的地は目と鼻の先です。


本店2FのTP修理窓口で相談したところ、1時間ぐらい時間をくださいとのこと。こちらは、倉庫の方でキートップが見つからないか探してくれるとのことです。あのサポートのあとでは、探してくれるというのが嬉しかったのでその場でお預けすることにしました。

「もし見つからなかないようなら、交換用のキーボード買って帰っちゃいますから」

という言葉が引き出せるんですから、真摯な対応というのは重要です。


結局……

預けて10分後には「キートップが見つかったので、交換終了しました」と担当から連絡がありました。家を出てから40分で直っちゃいました、IBMのサポートとの電話のやりとりに要した時間と変わりません。なおかつ、費用も1,500円で済んじゃいました。

すばらしい、皆さんもTPの故障の際には是非若松通商へ相談しましょう、IBMのサポートより空いてていい対応してくれました。

00000402.jpg

注意書き
※IBMのサポート窓口担当の方個人に何ら含むところはありません、サポートの手順とルールに従って対応されたのでしょうから……ルールがねぇ……


posted by 文公主 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。