カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年01月21日

修道女チェリースカ

私には絶対に感想を書かなくてはいけないと思いながら書けていない本が2冊あります。



鉄球姫エミリーの続きの修道女エミリーと薔薇色にチェリースカの2巻の2冊です。
こうやって表紙だけ2つ並べると怪しい本みたいにも思えますね。


両方とも、1巻を『それなり』に評価しつつも真の評価を『今後の展開に期待』として評価を保留した作品だからです。特にエミリーの方は前巻での評価の際に作者のブログにトラックバックまで張って喧嘩を売った形になってますからもう義務と言ってしまっても差し支えないでしょう。


にもかかわらず、発刊してからエミリーは1ヶ月、チェリースカは2ヶ月近く経ちますが、まだ何も書けてません。


だって、何も書くようなこと無いんですもの!



両方とも面白く読めましたよ!
ケチを付けたくなるようなアラもありません!!

……でも、2回目を読みたいとは思えない。
誰かに読んで貰って、感想を交換したいとも思えない。


何が悪いのかはわかりませんけど、もの足りません。


一回読んで「まぁ、そこそこ面白かったね」と言う評価を得られても、それで終わらせられそうなぐらい、読んだあとの印象が希薄です。
私の評価する「面白い作品」というのは「一回読んだときのおもしろさ」よりも「また読みたくさせる」というのが大きな基準となっていますので、そういう意味ではあまり評価は高くなくなってしまいます。


今作がデビュー作の八薙氏は比較対象はありませんが、海原氏は銀盤では読み返したくなるシーンが山積みだったのでちょいとがっかりです。


とりあえずは両作品とも「また保留」です。
最近のっぴきならない事情にて覚えた証券市場適評元を使うと、『管理ポスト』扱いですね。次も思わしくないようでしたら『整理ポスト行き』になっちゃうので頑張ってくださいね。




読み込まれる本は……


ちょっと古い本ばかりが対象となりますが、何度も読まれている本には親指が当たるところにこういう感じで汚れが付いてるものです。手垢なので汚く思えるかもしれませんがそれだけ読み込まれてるって事です。


00000455.jpg

上から順に
講談社X文庫ホワイトハート ひかわ玲子著:女戦士エフェラ&ジリオラ6 オカレスク大帝の夢
エニックス文庫 久美沙織著:小説ドラゴンクエストV2巻
ハヤカワ文庫 森岡浩之著:星界の紋章III異境への帰還
講談社X文庫ホワイトハート 流星香著:プラパ・ゼータ外伝4 冥き妖霧の砦
講談社X文庫ホワイトハート 小野不由美著:十二国記 風の万里黎明の空(下)
富士見ファンタジア文庫 冴木忍著:<卵王子>カイルロッドの苦難6 悲しみは黄昏と共に


posted by 文公主 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。