カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年05月03日

文学少女と神に臨む作家

文学少女シリーズの最新作、最終刊かと思って喜び勇んで書店へ買いに向かえば上下巻……




下巻が出るまで待った方がよいとは思いつつもやはり読んでしまい……
やっぱ読むんじゃなかった


どうもこの文学少女シリーズはほかの一人称系の小説と比較しても私との同調具合がハンパ無く高いらしく、心葉の心情に巻き込まれて重たい気分にされてしまうところが気に入っています。今回もしっかり巻き込まれてしまいました



・琴吹さんがかわいくて大切にしたい気持ち
・遠子先輩が心配で気になってしょうがない気持ち
・流人くんが何を考えているかわからなくて怖い気持ち


の三つが盛り上がるだけ盛り上げられ、がんじがらめになってしまって身動きのとれない状態にで放り出されてしまいました。

お願いですのでさっさと次出して完結してください。


posted by 文公主 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。