カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2008年05月21日

ただいま修行中

鉄大ガレオンを入手して以来、海事の修行の日々を送っています。


第一段階:
まずはバルト海。
ストックホルムとボスニア湾西岸のあたりを往復して対NPCを挑みます。


00000553.jpg00000554.jpg

あとはドイツ傭兵艦隊あたりが狙い目です。だいたい経験値が100〜150で早ければ2〜3分で倒せます。


00000555.jpg00000556.jpg

ここで2レベルアップ。

第2段階:
バルト海の戦闘にも慣れ、ルーチン化してダレが出てきたので新たな修行の場をギニア湾に求めました。

00000557.jpg

ですがギニア湾は外れでした。
ガレオンとの戦闘は新鮮でしたが、街の酒場にお酒しか置いていないため、あっという間に酔っぱらってしまって、行動力の回復が追いつきません。
料理を大量に消費することになり、コスト的に見合いません。
次の修行の場を黒海に定め……


00000558.jpg

定期船が到着するまでサンジョルジュにて釣りをして待ちます。
陸釣りって実は初めてやったのですが、この構えって剣道の構えみたいですね、姿勢が良くて……


第3段階:

00000559.jpg00000560.jpg00000561.jpg

黒海ではまずガレー相手の戦闘になります。
白兵戦で鐘を使っても逃げられず、危なくなる場面もありましたが、おおむねそんなに無理なく倒していくことができました。
レベル29にもここで上がりました。



00000562.jpg00000563.jpg

拠点をイスタンブールに据えていたので、士官転職クエを請けることができました。この転職証を使うことになるかはまだわかりませんが考古学者の転職証と一緒に大事にアパートにしまっておこうと思います。


第4段階:
まだ黒海の経験値が半減したという事でも無いのですが、また新たな修業先を求めて出立しました。
次の目的地はアフリカ東岸、ソファラ以北であれば酒場でもお酒とお茶の両方のメニューが選べるはずです。


アフリカ東岸から紅海にかけてといえば、狭い海峡を埋め尽くす艦隊で冒険者プレイヤーの天敵ともいえる相手ですが……


00000564.jpg00000565.jpg00000566.jpg

避けて逃げ回ってたこれらの艦隊が(白兵戦をのぞけば)さしたるリスクもなく撃退できました。凄いなぁ、大型ガレオン。
イスラム海賊(アラガレ×4)、イスラム私掠艦隊(重ガレ、アラガレ×3)、アラブ海賊(ジベ×3)とかって絶対勝てないって思ってましたもの……


00000567.jpg

レベルも何とか30に到達できました……



それにしても……

00000568.jpg

ガレアスを撃沈する日が来るとは思っても見ませんでした……


posted by 文公主 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航海日誌

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。