カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2016年12月18日

FIFAクラブワールドカップ決勝

残念

鹿島すごいなぁ。
レアル相手に試合になってました、もしかしたらPKで勝ちが拾えるんじゃないかと思うぐらい。
守備でしのいだ後ちゃんと攻めてるもの高評価。

日本代表だと守りに押し込まれてもっとボロ負けしてたと思う。

浦和に勝ってJリーグチャンピオンと呼ばれるのも許します。


posted by 文公主 at 22:09 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2015年06月17日

W杯2次予選シンガポール戦

ああ、ゆうしゃ○○○○よ、しんでしまうとはなさけない。

勝って当然のはずの2次予選ホーム戦。
日本代表のふがいなさを嘆くべきか、相手のGKの踏ん張りを称えるべきか……

あの試合内容で勝てない(日本側)のも負けない(シンガポール側)のも不思議ですよ?

神がかったときの川口能活が向こうにいたかと思うと、遠い目をして「そういうこともあるよね」と、思ったりするのが我ながら不可解ですけど……


今日の内容で、シンガポール側も日本相手に勝てるとはとうてい思えないでしょうが、負けない試合ができるんだ、と思えたことは非常に大きな収穫だったでしょうね。

次のアウェイでちゃんと蹂躙して来てくださいよ?
posted by 文公主 at 00:31 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2013年12月21日

全日本選手権

ソチ五輪の代表を決める、全日本選手権が始まります。

男女とも3枠という好条件ではありますが、男子の充実具合に比べて女子の層の薄さが恨めしい……

浅田真央や鈴木明子の実力は十分ですが、その次代を担うはずの村上加奈子他がここまで伸び悩むとは……
#いや、村上加奈子が小さい頃は、体が軽いからってピョンピョン跳び回っていては伸びん!!とは言っていたんですけど……

とりあえずは、代表候補を予測してみます。


○男子代表
羽生弓弦
高橋大輔
小塚崇彦

小塚は今期結果が出ていませんが、希望です。
良かったシーズンはホントに良かったのに……
がんばってください、小塚……


○女子代表
浅田真央
鈴木明子
その他

もし、全日本選手権での点数が良かったとしても、安藤や村上は連れて行くべきではないと思います。
ソチオリンピックご浅田他、有力選手のほとんどが引退の意向を表明する中、たとえ実力は劣ったとしても次代の主力となるべき選手を(経験のためにも)連れて行くべきです。

メダル争いが期待できる浅田真央以外はl、修行のために新人でもいいかと思っています。
正直、鈴木明子でもメダルは期待できないと思います。

最有力は未だにキム・ヨナで次点で浅田真央、その次にずいぶん下がってカロリナ、ゴールド、ロシア娘勢となるはずです。

○アイスダンス代表
リード兄弟が代表とか言うレベルでは勝てない!!!!(涙)

○ペア代表
エントリーが一組みたいだしなぁ……
posted by 文公主 at 01:05 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2013年11月09日

NHK杯フィギュア

ご無沙汰してます。生きてますよ。

最近はフィギュアの観戦も怠りがちです。
NHK杯は今季初で女子のショートフリー共に試合を見ていたのですこし言わせてもらいます。

○アリョーナ・レオノア
祈るような思いで見てますが、たぶんソチには出れないだろう、昨季の世界2位。追い上げ厳しくて大変です。

表現力とか魅せる演技とかでは今でもがんばっているんですが、技術点が伸ばせないのがもうどうしようもない。ソチでも優勝できる目が皆無。私がロシアのスケート連盟会長だったら切ります。愛だけなら未だにゾッコン注いでるのですが……

ゲデバニシヴィリ並にプロポーションが成長しちゃってます。今は重そうだなぁ

ニコライ・モロゾフに付いて、得点的には伸びているのかもしれませんが、魅力的にはかえって下がっているのではないかという印象。

彼女のスケート好き好き!!って演技が見たいです。

○グレイシー・ゴールド
歴代最強なのではないでしょうか?
スケーターの中では過去最高クラスの美人かも。リンクの照明に金髪が映えます。胸元にブリージンガルが輝いていても違和感無いかも。

残念なことに、ゴールドっていう苗字は日本語で『金』だと思ってしまうと、下品かなぁ。

○エレーナ・ラディオノワ
さすがロシア。むちゃくちゃ層が厚い。
ただいま14歳ということで、ソチの候補にもなり得ないそうですが、ここ数年の女子ジュニアの女王はロシアが独占しているようですし、それらが全てソチの2枠を狙って競っていると……
恐ろしい。

日本もそこそこ層が厚いとは思いますが、村上加奈子が未だに浅田真央に追いつけず、その後の世代も世界では鳴かず飛ばずと心配です。

残念なことに、彼女はまだまだスケーティング技術が未熟です。体の軽いいまはピョンピョンと跳べていますが、世界のトップに到達するためにはスピードとキレの強化が必要ですね。
ジャンプとか表現とかの前に、体を作ってスケーティングの質を上げてトップクラスに躍り出てきて欲しいです。


○鈴木明子
ショートでは浅田真央と共に滑りの次元の違いを見せつけてましたが、フリーはうまくいきませんでしたね。
体の軽い若手の選手に技術点だけで上回れてしまうようではまだまだです。
オリンピックには3枠あるので、ほとんど決まりでしょう。

○浅田真央
今回わざわざNHK杯を見たのは、浅田真央が世界と戦えるか見極めるためでした。
アメリカ大会ではそこそこ良かったそうですが、それが如何ほどのもものかと、上から目線で見てました。

NHK杯の出場選手レベルでは敵は居ませんでしたね。
やはり敵となるのは、ある意味化け物のキム・ヨナや最近は大崩れしなくなったカロリナなど、いつものライバルたちでしょう。

今回の演技はパーソナルベストだとのことですが、正直、キム・ヨナがクリーンな演技をした場合、上回ってくるでしょう。
ダウングレードや回転不足があったっため、浅田真央もまだ点数向上の余地があるので、お互いクリーンなら同じぐらいの点数が出るかもしれません。

キム・ヨナは実戦経験が不足していても本戦でいきなりフルパフォーマンスを発揮した実績もありますし、オリンピックはキム・ヨナ優位ですかねぇ。
posted by 文公主 at 22:13 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2013年06月21日

コンフェデ杯イタリア戦

結果としては4−3でイタリアが勝ちました。

試合から幾日か経ったので,いろいろな評価記事が出ています。
その辺の影響を受けないように,試合中に感じたことだけ書いておきます。


ブッフォン不憫。最初の得点源となったPKは与えられるべきでは無かったと思います。イエローカードも不要です。
アレの有無で展開がずいぶん変わったことでしょう。日本の善戦がこれだけ評価されたのも,アレが発端かと思うと複雑です。


本田はPKをよく決めました。
正面かそれ以外かの二択だとは思っていましたが,正面を避けた結果,枠を外すんじゃないかと思っていました。ちゃんと決めましたね,ごめんなさい。


香川。2点目見事です。
よく機敏に反応して冷静に叩き込みました。


長谷部のハンドからのPKも取るべきでは無かったと思います。
ただ,先制点のPKがそもそもありえないものだったので,トントンだと思いました。
川島が止めてくれれば先制点を恵まれたことも,言い訳できるかと思いましたがしっかり決められました。
熱くなっている様子も見せていたのに,意外とクレバーねバロッテッリ。


前田→ハーフナ−
はぁ?何考えてるの?
交替するなら前半から走り回って成果も出した岡崎でしょ?
勝ち越し目指すためには清武に代えて攻撃の選択肢を増やすか,乾を投入して突っ込ませるかです。
ハーフナ−投入して,何やらせるって言うのよ?


さて

全体としてはメディアの論調もあるとおり,勝てた試合だと思います。
それで勝ちきれない辺りが日本の現状だと見るべきでしょう。

強豪国と言われる国々は,なんで,あんな少ないチャンスをちゃんとモノにするんでしょうか?


それが解明できて実現できるまでは,日本に望めるのは「競合相手に善戦」止まりなのでしょうか。
posted by 文公主 at 23:56 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2013年06月04日

W杯最終予選オーストラリア戦

まぁまぁ,よくぞ追いついたモノですね。

相変わらずのことですが,なんて安定感の無い代表でしょうか。
それにしてもオーストラリアのすごいこと。よくもまぁ劣勢の中,しっかり点を取ってくることか。
そういう凄さが無いのはほんと,相変わらずですね。


もう,史上最強とか言われつつ出場を逃す,っていう展開になるのではないかと思ってましたよ。

よかったなぁ
posted by 文公主 at 21:29 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2012年07月30日

計算がわからない

2連勝の男子はともかく,女子・なでしこがすでに決勝進出を決めたとの報道がありますが,その理由がわかりません。







現在の勝ち点表は
順位国名戦績勝ち点得失点
1スウェーデン1勝1分43
2日本1勝1分け41
3カナダ1勝1敗32
4南アフリカ2敗0-6



こうで

次の対戦が
日本×南アフリカ
カナダ×スウェーデン
こうです。

日本がもし負けると

スウェーデンが2点差以内で負け。
順位国名戦績勝ち点得失点
1カナダ2勝1敗63
2スウェーデン1勝1敗1分41
3日本1勝1敗1分け40以下
4南アフリカ1勝2敗3-5以上



カナダとスウェーデンが引き分け。
順位国名戦績勝ち点得失点
1スウェーデン1勝21分53
2カナダ1勝1敗1分け42
3日本1勝1敗1分け40以下
4南アフリカ1勝2敗3-5以上


のパターンで抜かれる可能性があるので,最低限引き分けは取っておかないと勝ち抜けないと思うのですが……

予選の突破条件を引き分け以上としているところもあるのですが,もう決まったようなことを言っているところもいくつかあって……
なんでそうなるんでしょう?



posted by 文公主 at 23:05 | 茨城 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2012年06月12日

W杯アジア最終予選オーストラリア戦

さすがオーストラリア,強いなぁ。
数的不利にあってすら,チャンスにはちゃんと枚数をかけてくるのがすばらしい。
その前でも,好機を数多く作っていますし。

ホントにパワープレイってのは怖いですね。試合が作れないし。

『中盤で勝てないならそこをすっ飛ばせ』というのは
アジアでは強者と言える日本での対策として,標準になるかもしれませんね。

この試合では,審判のレベルが不足していた感じです。
判定を下してしまって,『やべっ,間違ったか?』と思って逆に振ってる印象がありますね。
posted by 文公主 at 21:05 | 茨城 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2012年06月08日

W杯最終予選ヨルダン戦

今日はキリンチャレンジカップの見間違いじゃないの?

最終予選では考えられない圧勝でした。
オマーン戦共々結果が良すぎるので,次のオーストラリア戦で叩かれた方がいいんじゃないか?
と思うぐらい上出来です。
退場のジャッジを含めて,「相手が気の毒では?」と思うぐらいでした。

絶対に,アジアでの絶対強者では無いはずなのですが……

ヨルダンのディフェンス陣が全く日本の攻撃陣に対応できてない面はあるにしても,出色の出来でしたよ。

守備面でも,一度も数的優位を失ったことが無かったですし,安心して見れました。


今日の結果はものすごく大きいです。
ヨルダンはもちろん,オマーン・イラクも日本には勝てない・やりたくないと思ったことでしょう。
オーストラリアですら,『あいつらやばくない?』ぐらいは思ったのではないでしょうか?


もし

次のオーストラリア戦も内容を伴って勝利することができれば,同グループの各国を完全に諦めさせることができるかも知れません。


こんな強いチームだったですかね?
posted by 文公主 at 21:46 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2012年06月03日

W杯アジア最終予選オマーン戦

ぶっちゃけ,凡戦に見えました。
勝ったのはともかく,全体的に何が良かったという点が見えませんでした。

相手にチャンスを作らせなかった,という点が良かったのであれば,まだ私の眼力ではそこを見抜けるレベルには達していないのです。

なので,悪くはなかったけど,特に良かったというワケでもない試合に見えました。
オマーンが最終予選に進出してくるレベルの試合をしてなかったように思えましたよ。

試合を見ていて感じたのは,相手キーパーのすばらしさです。
彼でなかったら,あと2点は入っていてもおかしくはなかったでしょう。

いいキーパーでしたね。
posted by 文公主 at 23:30 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。