カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2007年07月21日

アジア杯 準々決勝豪州戦

W杯の時にはまぐれで貰った1点を守りきれずに負けてしまったオーストラリア戦ですが、今回は試合は終始日本が優位に進めてました。
優位に進めていても攻めきれないのは不満が残りますが、危なげのない大人の試合だったと思います。

優位にしててもあんなチャンスでポロッと失点してしまうんですから怖いところです。ベトナム戦に続いて、今回もあっという間に追いついてくれたのですが、あれは高原決めたも凄い……優勝できればMVPが採れるでしょう。

相手の退場で数的優位を得たにもかかわらず、相変わらず攻めきれないのでやきもきしました。
延長になってしまうと、中村や遠藤ももう疲れ切ってしまい、オシム監督はFWに元気な選手を投入する起用を採ってきましたが、その二人まであまりボールを送れなくなってしまいました。水野とかの中盤の選手を増やした方がよかったかもしれません。

結局もつれ込んだPKは川口が本領発揮をして最初の2本を止めてくれたので何とかなりました。試合を通して川口の出番がほとんど無かったので、回数限定の川口のスーパーセーブが残っていたみたいです。

ホント、崩れる前に試合が終わるといいキーパーね彼は……崩れ始めると底なしっぽいけど……

高原がPK外したのは、とりあえず勝ったからご愛敬ってことで……



posted by 文公主 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年07月16日

アジア杯 ベトナム戦

自殺点から始まったときにはどうなることかと思いましたが、早めに追いついたので安心しました。

前半のラスト付近で足が止まって攻められたりしたことを除けば、やりたいことが動きから読める試合ぶりだったので、よい出来だったといえるでしょう。

1戦目で苦情を言っていた引いて守る相手を崩せるかという点も含めて、全体的に格上らしい試合運びができたと思います。後半に3点目が入って以降はベトナム自信も諦め気味だったように見えました。

それにしても、序盤はボールを持つたびに歓声を上げていた満場の観衆を実力を示して黙らせてしまうのは、気持ちいいですねw
posted by 文公主 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年07月14日

アジア杯 UAE戦

今日も間に合わないかと思いましたが、何とか放送前に帰り着けました。

試合内容としては……

ひどい
結果として勝ったから良いものの、褒められた内容ではありませんでした。

前半序盤は双方ともひどかったです、パスは乱れてるしディフェンスは粗いし、アジアでは強豪の日本対UAEとはとても見えませんでした。
グランドの状態が良くなかったらしいので、これは出足としてはしょうがないのかもしれません。

高原が先取点を入れてから前半一杯までは、積極的な攻めが見えてそれなりに楽しめました。試合感としては楽勝ペースで、相手のファウルだけ気をつければ良い状態でした。

しかし後半、特に相手が10人になってからはいただけません。明らかに相手の方が勢いがありました。
たまたま川口がシュートを止めたから良いものの、あれが入っていればそのまま逆転されて負けたでしょう。

アジアで横綱相撲ができるほど強いとは思っていませんが、3点先取し、相手が少ない状態では、もうちょっと安心して見られるようにして貰いたいところです。
posted by 文公主 at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年07月10日

アジア杯 カタール戦

なんて言うか……

なんて日本らしい試合でしょう。

前半は守りを固める格下相手に攻めきれずそのまま終了。
後半になって多少相手が攻めに力を割いたところで、やっと相手守備の間を抜けるようになって得点。
その後、攻めの枚数を増やしてきた相手の圧力に抗しかねて失点……

なんかお家芸としか思えなくなってきました。

posted by 文公主 at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年05月02日

球界の妄執

西武の件から拡大していった、高校野球の特待生制度ですが、調査結果と高野連の見解が発表されたようです。

特待生制度を設けている高校が300校を越えていて驚いている、と言う見解が出てますが、一般の人はたぶん野球目的の特待生が禁止されているのも知らないし、「あるでしょ普通?」という認識で300を越えても驚きはしないでしょう。

処分としては、@特待制度を設けていた学校の野球部長は引責辞任A特待契約の解除、となっています。

@に関してはいいでしょう。ルールとして定められている以上、違反者は処分されるのは当然です。Aも致し方ないでしょう。
問題は

「特待制度を禁止するルールを見直すつもりはない」

と言う点です。

まったく、高野連はいったい何を目的とした団体なのでしょう?

スポーツの隆盛を図るため、有望な選手の育成に援助を行うというのは世界一般どのスポーツでも行われていることです。いえ、それを計画的に行っている国こそが世界に君臨しているとさえ言えます。
実際、高校総体で競われる他の競技では特待生制度の禁止規則はなく、野球にだけこういったルールがあるそうです。

いつ決まったルールかは知りませんが、たぶんスポーツと言えば野球しかないような頃に決まったルールなんでしょう。この頃であれば、過当競争が世間に与える影響などを考えて賢明な選択だったのかも知れません。

しかし、今となっては野球は幾多ある人気スポーツのひとつ(まだトップかも知れませんが)でしかなく、世界的にはマイナースポーツだからといってオリンピック競技から外される程度の物です。

この状態で頑なに特待制度を拒否することは、運動能力に優れた将来のスターに他のスポーツへ行け、と言ってるようなものです。野球は今後どんどん衰退していくことでしょう。

今回の処分で特待契約の解除を強要される学生の処分を撤回するとともに、特待制度の設立に梶を切るべき時でしょう。


posted by 文公主 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年01月09日

全国高校サッカー選手権決勝

今年も高校サッカー選手権の決勝を見てました。去年も休みでしたけど、成人の日にやるのが慣例なんでしょうか?

去年の優勝校の野洲とか国見とかの有力高が序盤で負けたので初出場校同士の決勝でした。

前半は0-0であまり面白くない展開でしたが、後半はスピーディになってなかなか面白くなってきました。後半の序盤に目立っていたのが作陽の左ウィングの小室です。スピードがあっていいFWでした。

盛岡商の同点弾、ゴール前まで繋ぐまでの動きがよかったのにFWが一旦ミスキックしたのを見たときは「柳沢?」なんて単語が頭に浮かんだんですが、その後押し込めたので胸をなで下ろしました。このFW、この前のPKを外してましたし、安堵感はひとしおでした。
posted by 文公主 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年12月29日

ナベツネ

日経新聞の私の履歴書で、渡邊恒夫氏の自伝が連載されていました。日本のプロ野球を私物かなんかと勘違いしているような言動が見られる、あのナベツネです。

連載が始まる前は、「え〜、ナベツネ〜」という感じでしたが、読んでみると意外なことにこれがなかなか面白いのです。
なんと言っても文章が上手く、短い中にもよくまとまり、読み手の興味を引くところも配置されていたりしてスルッと読めてしまいます。同時連載の堺屋太一のジンギスカンより文章としては上手い様に思えます。
さすがに読売新聞の主筆というのは伊達じゃないと、不覚にも感心させられてしまいました。

内容自体も政治家の番記者だっただけのことはあり、政界の裏側が(我々からすると)赤裸々に語られ、興味深いものでした。
まぁ、こういう世界に長くいたので今にはそぐわないパワー志向の勘違いくんになっちゃって、未だに出しゃばっちゃってるんだろうなぁ、とも思いましたけど……

posted by 文公主 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年10月05日

日本代表ガーナ戦

まあまあね


勝てないのは最初からわかっていたけど、前回みたいに大味なサッカーはしてなかったからいいでしょ。パスで相手のディフェンス崩すような動きもあったし。

ガーナもプレイの精度は大したこと無いんだけど、少ないチャンスで大きく展開して最前線まで持ってこれるのはたいしたものね。
向こうの攻め、ひいてはこっちの守りで気になるのはセンタリングが上がってきたときマークが外れがちなところ、この辺は要注意。
posted by 文公主 at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年09月06日

アジア杯イエメン戦

つまんない試合……

アジア相手で中央のターゲットマンめがけてボール放り込んでやる点の取り方?
世界相手でそんなプレイできないんだから、アジアではそれ以外のやり方で悠々点が取れないとだめじゃない
posted by 文公主 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2006年08月09日

チャレンジカップ

オシム監督の采配による新生日本代表、前代表とは入れ替わりが激しすぎて全然把握できない……。にわかファンの私でも、最近ようやく選手の動きで誰だか判るようになってきたのに、また覚え直しね……

試合自体は、大した内容じゃなかったです。今の代表なら三都主が頭一つ抜けてるのがよくわかった(全体的にはレベルが下がった)程度のことでした。
招集を受けて1週間も経っていないような段階で評価してもしょうがないので、今後の4年(3年弱?)でどれほど延びるかに期待してます。
posted by 文公主 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。