カテゴリ
 |  航海日誌(294) |  日記(414) |  スポーツ(134) |  戦乙女(35) |  ダイエット(0) |

2010年01月29日

四大陸選手権

浅田真央が逆転優勝したそうですが、『そんなことで喜んではいられません』と言わないわけにはいきません。


逆転優勝ということは、ショートで首位発進できなかったということです。有力選手が浅田と鈴木しか居ないとか言われるような状態で、3位とは……


また、フリーもトリプルアクセルが2つとも決めたりして、一見昇り調子に見えますが、スケートのできそのものは、全日本選手権の時の方が良かったです。演技と音楽に微妙なずれがありましたね。

本格的にトップを争う他のライバルも居ない状態でこれでは、ちょっと心配です。


特にキムヨナ相手では、まだまだ相手が優位です。

彼女は007のショートで70点クラスを出してくるのがほぼ確実です。このときに50点台だったりしたら、去年の世界選手権の二の舞です。のびのびと滑られて、それで終わりです。
浅田真央には、ショートを確実に決めてキムヨナにプレッシャーをかけることが求められます。


対キムヨナに限って言えばショートの結果でほぼ全体の勝敗は見えるかと思います。


ショートで上回ればそのまま勝ち
負けていたとしても3点以内ならどうでしょう?
それ以上離れたら、おそらくのびのび滑ったキムヨナが勝つでしょう。










posted by 文公主 at 21:05 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2010年01月11日

全国高校サッカー選手権決勝

山梨学院付属 1-0 青森山田


事前情報は全く収集していなかったので、両校共に事前情報無しで見ていたのですが、戦術のよく似たチームですね。
ダブルボランチを採用して中盤の底を固め、そこから試合を組み上げていく。主力選手をここに置くという意味でも同じでしたし。

高校サッカーとはいえ戦術レベルの方針はJリーグと変わりはなく、あとはただただ完成度が違うという状況のように思えます。すっかり馬鹿にはできないスポーツに……


結果的には山梨が勝ちましたが、技量に差があったわけではなく、むしろ青森山田の方が上に見えました。山梨が1点先制したものの、いつ追いつかれても不思議はありませんでした。


にもかかわらず山梨が勝った理由を考えると、距離ですかね。


まずはボールへの距離、山梨はボールへの寄りが非常に早い。ボールを失った後の対処とセカンドボールへの寄りで上回っていました。ここは選手の意識で勝った部分ですね。


もう一点が、ディフェンスする際の相手との距離。これがより遠い方がいいのか近い方がいいのかはわかりませんが、青森山田のクロスが山梨のディフェンスにあたるというシーンが非常に目立ちました。山梨はあまりそういう目に遭わなかったように思いますので、この辺は山梨のディフェンダーの間合いの見極めがよかったと言うことなのでしょう。


この2点が、貴重な1点を守りきって山梨を勝利に導いたんだと思います。

posted by 文公主 at 16:19 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年12月27日

やぁ、よかったよかった

○今井遥
ジュニアの選手だそうですが、いい演技だなぁ。
ジャンプも比較的安定しているし、コンビネーションジャンプを積極的に挑んでいくのもいい。特に曲をとらえて演技に反映するという点ではシニアクラスの選手にも引けを取りませんね。

○藤沢亮子
14才ですか……しかもサロメですか。背伸びしてるなぁ
っと、芯が細くて回転の速いいいジャンプ持ってますね。ビールマンスピンとかのポジションも綺麗だし、これから成長して体が重くなったりしなければ大成するかも。3連ジャンプになると詰まった感じになるのは今後筋力を付けていくことで解消されるでしょう。
あとは、表情だなぁ。終始同じ顔してるのがまだまだね。笑えばちゃんと可愛いのに

○後藤亜由美
続いて16才と……西日本2位というとシニアかな?17,8才でもジュニアの選手が居るかと思ったら、15,6でシニア戦に出てたりとか複雑ね。
ジャンプは高いモノの特にパッとしない印象の演技だったのですが、意外と高得点。
ドーナツスピンは軸がずれているようにも見えたんですが……基本がしっかりしていて基礎点が高く出るタイプなんでしょうね。


○武田奈也
21才、世間で見れば若いのに、同組の選手と五輪で言うと一世代違っちゃう。
演技力という点では、他の選手の上は行っているんですがジュニアクラスの選手が三回転をがんがん跳んでくると、ジャンプで失敗するのは痛い。
ステップはずいぶん腕は上げたかなぁ。
満面の笑みとは行きませんでしたが、やっぱ笑うと可愛いわね。


しかし、最終組に入った村上佳菜子といい浅田真央の次の世代もかなり層が厚い。
日本は国内のトップクラスはほぼ世界のトップクラスなので、それを間近に見ていれば目も意識も高くなるという好循環のサイクルに入っているようですね。


○中野友加里
最初のジャンプでステップアウトはしましたけど他はすごくいい。
スピードも乗っていて滑りもよかったので、シーズンベストぐらい出ても不思議はないかも。

○安藤美姫
ほぅ……安藤はコンビネーションジャンプの2回目をあんなに軽く跳べる選手だったか?
曲と演技との総合した完成度は今日もかなり高い。ただ、相変わらずステップのキレが足りない気がするなぁ。
五輪に内定したから変な演技は出来ないとか行ってた様ですが、厄落としも兼ねてチャレンジして失敗するなら今の内にしちゃえばいいのに。


○浅田真央
もう、見ているときの気合いの入り方が違う。両拳を握りしめて見てました。
いい演技でしたね。
トリプルアクセルからのコンビネーションをダブルに落としましたが、そんな影響はまるで無いでしょう。間違いなくこれで勝ち。
今までは滑り切れていなかった印象のあった今年のプログラム『鐘』も相当滑り込んできたのか、音楽の要所要所をとらえて表現できるようになっていました。
これもシーズンベスト出ますね。ああ、涙出そう。


○村主章枝
どうした村主!頑張れ!
浅田真央のあの演技のあとでは滑りにくいかもしれないけど。
ジャンプで着地失敗が……3回?
ステップとか演技はすごいいいので構成点は結構出るでしょうけど、技術点が辛いなぁ。これは第3グループに抜かれる可能性も……

○鈴木明子
ファイナルもよかったけど、今日の演技もすごくいい。
技術点で浅田真央に届かないので総合優勝はあり得ませんが、構成点なら首位でもおかしくない。観客に魅せると言う意味では、この鈴木明子が最高。
変なところで転倒してしまった面があるので……中野友加里には届かずに3位かなぁ

うわっ、2位に来た。点数出た瞬間鳥肌立ったわ
浅田、中村、鈴木の上位3人は3人とも今期最高の演技しましたね。

○村上佳菜子
これは恵まれてる。最終組に入ったことで相当緊張してたでしょうけど、ここまでレベルの違う演技をされると、かえって気楽に滑れるのではないでしょうか。
スタート位置を間違えたのは緊張だったのか……そこで会場に向かって笑顔が出せるのは大物ね。

体のワリにはスピードのあるスケートですね。
最初のジャンプが抜けたものの、他のジャンプは危なげなくていいですね。
うわ、すげぇ、ジュニアのトップってここまでのステップを持っているんですか……
いやいや、将来楽しみだ。


さてこれで、安藤に続いて浅田真央が確定。残り一枠は中野友加里も鈴木明子のどちらか……二人ともオリンピック出してあげたいんですよね。安藤外して二人入れません?

冗談はともかく、鈴木になるかなぁ


ををっ


○男子代表
高橋大輔
織田信成
小塚武彦

○女子代表
浅田真央
鈴木明子
安藤美姫

○アイスダンス
リード兄弟



リード兄弟以外は上位入賞が期待できる面子が選ばれました。
posted by 文公主 at 21:19 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年12月26日

私としたことが

昨日は会社の納会で見られなかったのは仕方がないとして、今日は予定もないのに存在そのものを忘れていたなんて……

浅田真央、今回は首位発進出来たんですね……ってまだショートの途中ですか。昨日は女子はなかったのね。


○西野友毬
似た名前の西友毬って銀盤に出てませんでしたっけ?
至藤響子の前の世代の日本代表候補で……
ただの偶然にしろ、次世代の有力選手として目を付けていたにしろ、すごいなぁ

○武田奈也
見始めた頃からずっと日本では第三グループで……いまもそのまま。もうワンランクアップして欲しいんですけど……
ちょと、太ったかしら?
演技中に笑顔が出し切れていないところがあるので、まだまだ調整不足なのでしょうか。決め顔は多少アレーナと似てるかな?私はああいったあか抜けない顔が好きなのかしら?


○村上佳菜子
去年見られたジャンプの妙な癖は治ったようですね。子供のワリには演技派かなぁ、あとは表情ね。
ジュニアのトップで15才と、前回五輪の浅田真央の立場とかぶります。シニア陣が実力派揃いなので代表争いには絡みませんが、トゥループとはいえ3+3を跳べることといい将来楽しみです。

○村元五月
日本のスケーターナンバーワン美人。西日本大会を制したようで、実力も上げてきているみたいです。
去年もそうでしたが、穏やかな曲調に載ったなめらかな動きがステキ。でも容姿以外に特筆すべき所がないのが残念かなあ


○鈴木明子
全日本選手権クラスだと、やはり動きのキレが違う。成長しましたねぇ
今日見た中では段違い。さすが
オリンピックに出したいなぁ

○中野友加里&安藤美姫
ごめん、ふたりとも見てなかった
posted by 文公主 at 23:43 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年12月05日

グランプリファイナル2009・フリー

○トマシュ・ベルネル

途中でやめたくなったんじゃ無かろうか。
ジャンプの精度が今みっつ。ルッツで転倒するまではミスはあるものの立て直して来たかと思ったんですが……
いったいいくつシングルまで落ちました?

○ジェレミー・アボット
うわ〜ジャンプの際の軸の角度が飛んでいる途中にあんなに変わるのは初めて見ました。ありゃ転けますって。
初っ端のジャンプがあそこまで乱れて、よく立て直すことが出来ましたね。


○ジョニー・ウィアー
耽美系っていうか、女顔よね。演技ももそれを意識したか、しなやか構成です。
コンビネーションジャンプの2回目でちょっとぐらつきましたが他はノーミス。
後ろの人たちを前提に話をすると、物足りないかもしれませんが、この時点では間違いなくトップ。


○織田信成
ん?今日は表情が硬いな。

杞憂でしたか。今日もいい演技。
ジャンプも柔らかく安定していて失敗する様子もほとんど無かったんですが、アクセルだけがなぜかシングルに。
チャップリンをモチーフとした構成を表現する演技力も高いレベルです、ちょっと視線が何処向いてるの?と言うのはありましたが、こちらもこの時点でトップでしょう。


○ライザチェック
ショートと同じ服装?まぁ、この長い手足に黒い衣装というのは氷上で映えますからいいチョイスです。
体の動きは凄くいいです。ジャンプを1つ失敗したものの、迫力は満点です。
特にステップは凄い。これでもか!と言うぐらい大きな動きで体を振り回します。この体格勝負は高橋には出来ないのですよね。


○高橋大輔
いろいろ惜しいなぁ。
ステップは文句なしに凄いんですが、ジャンプだけじゃなくてスピンやスケーティング自体の失敗も。
最後のスピンの失敗で織田にも抜かれたかも……ってそこまで落ちるのか。レベル高っ




☆女子
安藤とキムヨナ、実力的にはキムヨナ。
どちらか失敗しなかった方が勝つでしょう。


○アシュリー・ワグナー
春の女神といった感じの素敵な衣装。むき出しの腕とかは細く見えますが、やはり鍛えてますね。腕相撲とかしたら負けるんでしょうねぇ
演技は途中まで完璧。両足着氷というのは昨日のショートでも指摘されていましたが、それさえなければーシーズンベスト出そうな演技でしたね。


○鈴木明子
こう言ってはなんですが、1人だけスポンサー付いてませんよって衣装。村主とかも去年まではこういった感じだったんですが、今年はあの派手なパンツですからね。

これはいい演技だ。

ジャンプをすべて成功させたからこそ、心おきなく得意のステップに入れました。
キレと言い表情と言い、これこそ鈴木明子、ここにあり!!


○ジョアニー・ロシェット
カナダ大会のフリーもそうでしたが、今日もジャンプが振るいません。スピンまで足替えの時にぐらつくなんて……いったい何があったのか。
この前はトップでショートを終えて、フリーで2位以下が伸び悩んだので問題はありませんでしたが、ファイナルでこれは辛いですね。
フィニッシュにも全然力がなかったし、これは総合で鈴木の下に沈むかも……って、あのロシェットが……


○アレーナ・レオノワ
彼女の演技のスタートを正面から撮らんでどうする!!表情が見えないじゃない

ジャンプがうまく行かないのが続いたせいか、うわぁ途中で表情がもう疲れてる。
最後のジャンプを決めたことで多少表情に意識をやる余裕ができたみたいですが、解説にも言われてたとおり彼女本来の笑顔が見れなかったのは寂しい限りです。

明らかに満足の行かない演技で、点数を待つ間キスアンドクライで泣いてしまった彼女を見ていると、こちらも思わずもらい泣きをもうやだ〜(悲しい顔)


○キムヨナ
演技が始まるまでは浅田真央と同じくただの可愛い女の子なんですが、演技始まると凄い力のある目をする子ですよね。

正直、ミスれ!と思いながら見ていました。
確かに細かいミスはあったようですが、レベル的には問題ないでしょう。さすがに鈴木は上回ってきてここではトップでしょう。
しかし、ステップなどの切れも悪かったようですので、点数はキムヨナとしては低めに出るでしょうから、安藤が上回ることも可能でしょう。

うわ、ものすごく低い。でも余裕はないのよねぇ。


○安藤美姫 
出だしの動きがすごくいい。これは行けるか?
キムヨナの失敗を見てか、序盤のジャンプは難易度を落として確実に取りに来ました。
手をついたジャンプは跳んだ瞬間から軸が傾いてましたが、それ以外は確実に決めてきました。
終盤のステップは思ったよりキレがありませんでした。優勝が見えてきたのが予想以上に体力を消耗させたのでしょうか?
ですが、これはたぶん勝てた。


え〜、この点数はありえない。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

勝ちに行くために安全策をとったからこそ,あのジャンプ失敗がかえって痛かったのか……
posted by 文公主 at 21:15 | 福島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年12月04日

グランプリファナイル2009ショート

○トマシュ・ベルネル
繰り上げ当選?
最初の4回線が成功したのはいいものの,他はジャンプがすっぽ抜けバランスを崩したり、トゥを引っかけたりあまりよろしくない。
最初のコンビネーションジャンプの素晴らしい出来からすると、ものすごい良い演技になるかと思ったのですがちょいと拍子抜け。解説の人のいってたとおり。


○ジョニー・ウィアー
ショート見たのは今期初めてですかね?
非常にいい演技、なんていやらしい
シットスピンのポジションの低さは凄いなぁ、何で倒れないんだか。


○高橋大輔
凄っ……ショートなのにフリー並の密度。
優雅さと色気をアピールするウィアーと対照的な力強く逞しい男らしい演技。ウィアーが魅力的だったからこそさらに印象が強い。滑走順にも恵まれましたね。
ジャンプも完璧に決めましたが、ステップがもの凄い。鳥肌立ちました。ふらふら
これはウィアーを上回ってきますよ!!!!

やっぱしどんっ(衝撃)

○ジェレミー・アボット
ショートでジャンプの失敗2回は辛い。
元気な少年的な演技は印象は良いのですが、ステップの密度などで高橋ウィアーに劣りました。


○エバン・ライザチェック
相変わらずギリシャ彫刻のようね。
手足が長いから個々のポーズが映えるなぁ、演技も完璧。
ステップの密度や華では高橋が上回るかと思いますが……火の鳥の音楽に合わせた力強さは凄いなぁ


○織田信成
ちょっと織田信成では上位二人の点数には届かないだろうなぁ。

む?織田信成ってこんなに速度のある選手でしたっけ?勢いがあるな
途中で息切れしたように見えたけど、ステップも問題なし。出色の出来です。
それでも動きが重いと感じたのは、高橋とライザチェックのステップを見てしまったせいでしょうねぇ


ショートで首位が決まって高橋の演技がまた流れましたけど……ホントに凄いステップ。何で転ばないのか判らないぐらい。滑っていく向きと足の向き合ってないでしょ

☆女子

○鈴木明子
うわぁ、すっごい緊張してる顔。
滑る前の表情を見てまずいかと思いましたが、最初のジャンプを決めて吹っ切れたのか、いい演技でした。
ステップは元気にやってました、終わったときの表情も良かったですし、鈴木らしい演技でしたね。

○アシュリー・ワグナー
ジャンプが減点だそうですが、総合ではよく纏まっていて完成度は高いです。鈴木の上には行きそうですね。あらま……


○アレーナ・レオノワ
演技を見ていると一番幸せになる選手。
出だしからキャラクターを活かしたコミカルな動きが始まった時点で、もうデレデレ。演技の出来なんてろくに見てません。

ジャンプの直地をミスったのとステップで足を躓かせたりしていましたが、トータルでは高いレベルでまとまった演技。曲にもよくあったいいプログラムでした。
彼女とか武田奈也の演技を見てると、ホントにスケートが好きなんだ……って感じでホント好いですねぇ


○ジョアニー・ロシェット
カナダ大会のショートの方が安定していた感じです。ジャンプがふらついてますね。
それ以外は凄くいいです、演技といい表情といいさすがはトップクラスのスケーター。このプログラムとこれだけの演技力をロシェットではなく,アリッサがやったりしたら……と思ってしまうのは鍛えすぎて体がガッチリしすぎたロシェットの欠点。
あら?アレーナの下?


○安藤美姫
安藤の演技は今年初?去年よりずいぶん胸が大きくなった様な……
最初のジャンプは昔みたいに崩れやすい印象を受けましたが、残りの2つはかなり安定した強靱な印象でした。
スパイラルの最中の視線などを含めた演技もよかったのです。特にステップは女子の中では突出しましたね。あくまでこの時点では……といわざるを得ないですけど……


○キムヨナ
序盤から表情が凄いよなぁ。この表情とキムヨナのプログラムの定番とも言える最初の3+3が成功した時点で完全に会場を惹き混みます。バケモノめ……
2回目のフリップを抜いた他は全体的に高いレベルの演技ですが、ステップずいぶん力を抜いてましたね。
まぁ流しても1位は確定できるぐらいのはず……あら?
posted by 文公主 at 21:51 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年11月22日

スケートカナダ・フリー

○高橋大輔

ジャンプを3つ失敗しましたが、失敗しなかったジャンプは文句なし。ショートに続いてこのフリーでも、ステップの凄いこと。
ジュニア上がりの若手有望株というのもずいぶんと出てきていますが、演技者としては格が違いますね。ジャッジにアピールしたりとか、愉しませてくれるのはジュベールと張りますね。
今期の魅せるプログラムというと織田信成が凄いんですが、こちらもなかなか……
復帰シーズンとはいえ貫禄を見せてのこの時点で1位。


○ジェレミー・アボット

またアクセルの着地でふらつきましたね。せっかく初っ端の4回転は成功させたのに、その後で立て続けに着地失敗。まぁ、後半のジャンプを立て直してきたのはちょっとほっ
ステップの辺りまで序盤の失敗を引きずらないのはさすがにトップ選手。高橋と比べると……印象ではちょっと下回るかしら?

と……

あら見事に予想どおりだけど。ショートの差でアボット勝ちですか。
まぁ、これで二人とも出場確定だから良かったんですかね?


○鈴木明子

なぜかショートで8位。実力的にはロシェットさえ外せばトップクラスなので、実力どおりの演技ができれば十分4位には入れるはずです。

む、スタートはいい顔。
気合いの入った表情を反映してか、最初のジャンプは良かったのにその後立て続けに2つダウングレード。
あちゃ〜、さすがにジャンプで4つもミスると辛い。ステップは良かったですが、荒川静香によるとこれでもまだ全開ではないとのこと。
ショートで8位って事は、この時点で1位でないと辛いんですが、それも難しいかも。
う〜ん、国際大会の最前線で戦うにはまだまだ精神力に課題有りって事でしょうか?


○ラウラ・レピスト

いつの間にやらショート7〜5位までの選手は鈴木の下に沈みましたか。
まぁ、ぺーぺーばかりでしたからそれも有りでしょう。さて、レピストはどうでしょう?

雰囲気のあるいい入り方ですね……ですが、ジャンプは今日もダメかも。今日もスパイラルは不安定、スピンは溜息が出るほど良かったですが全体的には中途半端な出来ですねぇ。
鈴木の下に付いてくれればこの時点で確定なんですが……

そこまで甘くないですか。
残りのロシェットとアリッサは沈んでくれなそうですから、残りの1人が崩れてくれないと難しいですね。


○長洲未来

トップスリーの最後の1人は彼女でしたか。クリーンに演技されると辛いですね。

いやはや、演技も体つきも大人になりましたねぇ。
ジャンプの失敗が2回、ステップのレベルが低いとはいえ大きなミスは無し。フリーで十分鈴木やレピストの上に付けますので、この時点で1位でしょう。

あら?


○アリッサ・シズニー

最初のジャンプを跳ぶまで毎回忘れてるんですよね、彼女は逆回転だって。フツーはトゥループの軌跡なのに、ルッツなんだから。
ジャンプで2回転倒してますが、基本の点数でアドバンテージがあるのでトータルでは他の選手の上には来るのではないでしょうか?ただ、ここでロシェットにプレッシャーをかけられないとすると、優勝は難しいでしょうねぇ。
ステップの印象はあまりないんですが、スパイラルとスピンが綺麗なのはこの人じゃないでしょうか?
いや、美人は得ですね。


○ジョアニー・ロシェット

滑る前から、優勝確定です。ショートで点差があり、2位がフリーで足踏みしているので超余裕。

とはいえ、演技はずいぶんバタつきましたね。
ステップ、スピン、スパイラルに隙はないものの、ジャンプは立て続けにダウングレード。
悠に10点は技術点が下がっていますが、点数に余裕のある状況ですので問題はないでしょう。


なんか、ロシェットが優勝したことで、鈴木明子もファイナル進出確定なんだそうです。

進出者は、キムヨナ、安藤美姫、ロシェット、鈴木明子、アレーナ、アシュリー・ワグナーですか。


ファイナルもキムヨナの優勝は確定かと思いますが、日本人最上位で鈴木明子がオリンピック代表の出場権を手に入れたりしたら、楽しいですね。


あとあと、初出場のアレーナ・レオノア頑張れ〜黒ハート
お国の贔屓で鈴木や安藤を応援はしますが、スケーターとしてはあなたが一番好きよ。頑張って手(チョキ)
posted by 文公主 at 20:52 | 福島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年11月21日

スケートカナダ

いつの間にやらグランプリシリーズも最終戦。

キムヨナが鉄板で面白くなくなりかけていたこのシーズンですが、浅田真央やカロリナといったトップスケーターが立て続けに沈んだので、イリーナや鈴木明子という私の好きな選手達がファイナル進出を覗えるようになって、予想外の楽しみ方が。
まぁ、おかげで序盤に書いた各大会の予想は、ものの見事に外れたわけですが……


イリーナは確定したそうですが、鈴木明子はここも勝って是非出場権をその手につかんで欲しいところです。


絵が粗いなぁ。
もうアナログの放送なんか見たくないです。


○デニス・テン

16才だそうですが、いい選手ですね。
ジャンプも安定していて綺麗ですし、ステップなども魅せる演技ができています。男子でピールマンする人は珍しいですね。
体のキレはもう少しですが、これから向上は見込めるでしょう。
カザフスタンって選手層が薄そうですが将来楽しみです。


○高橋大輔

ステップ凄!なんだそりゃ……
ジャンプが妙に遅い様に見えましたが、それでもちゃんと回っているのはジャンプが高いのでしょう。もしかしたら、ダウングレードとかで減点されてるのかもしれませんけど。


○ジェレミー・アボット

こちらもステップが凄いですね。高橋と比べると縦方向の動大きい印象。手足が細くて長いのは映えるわねぇ。
アクセルの着地でちょっとふらついたけど、他は大して問題なしと。


○ミハル・ブレジナ

スピードと高さのある選手ですね。シニア1年目だそうですが、十分レベルが高い。
大きな失敗も無いですし、もう私の目では今までの選手と比べて明確にどちらが上とも言い切れません。
ただし、今までの4人の中では一番表情に余裕が無い気はしましたね。


○パトリック・チャン

ふむ……最初のジャンプ、自分から転んだような。
私がスノボでスピードが上がりすぎると恐くなってわざと転ぶような、その手の自信のなさから来る転倒のように見えました。
ステップでの腰の使い方とかは凄いセクシーハートたち(複数ハート)なんですが、ジャンプの失敗に加えて、スピンでバランス崩したり。本調子じゃないようですね。


○ケビン・バンデルベレン

知らん人です。
最初のアクセルを失敗した他は大して悪くないようにも思えたんですが、凄い順位になっちゃいましたね。


○長洲未来

去年よりずいぶんと実力を付けて来ました。
演技途中でいい笑顔をしたと思ったら、演技が忙しくなったら表情がふつうに戻ってしまったのがちょっと残念。余裕がなかったのかしら?


○アリッサ・シズニー

逆回転の人は、滑り出すとハッとしますよね。全体的に安定したいい演技でした。
他のアメリカ代表に比べると、飛び抜けて美人ですね。会社に似た感じの人居ますけど……


○鈴木明子

相変わらず恐い顔……というか力のある目。
シズニーに比べるとジャンプが重いかなぁ……スピンもなんだか遅めで長い印象ですね。
う〜ん、ちょっと緊張しているんでしょうか?
私の好きな鈴木明子はもうちょっと楽しそうに滑るのですが、少々表情が硬いような。
好きな選手ですので、是非ともここは勝ち抜いてグランプリへ進出して欲しいところです。


○ラウラ・レピスト

こちらもあまり良くないかしら?
ジャンプは失敗してるし、スパイラルも入りでバランスを崩してましたね。最後は音楽ともずれてたっぽいですし。
彼女のファイナル進出条件ってどうなんでしたっけ?


○ジョアニー・ロシェット

相変わらずたくましいわね。
ジャンプも男子並みに迫力があるので、決まると凄いです。
技術も安定してますけど、曲と合わせた表現がいいですね。セクシー系は似合わないようにも思いましたが、さすがの説得力です。
やはり今回の出場者の中では頭1つ飛び抜けてますね。


1位は確定とはしても65点ぐらいかと思ってたんですが、70点とは恐れいったわ。
posted by 文公主 at 20:47 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年10月25日

ロシア大会フリー

フランス大会の時は、ニュースでも結果を見ないように努力していたのですが、今大会はショートが見れないのが判っていたこともあって、放送前に結果を見てしまいました。

まさか浅田真央が、ファイナルに進出できないとは、出したばっかりの予想がいきなり外れたなぁ。
アレーナ・レオノアが思いの外いい演技をしてくれたのが3位に予想していた甲斐がありましたね。NHK杯で中野友加里に勝てばファイナル進出もありますが……どっち応援するか悩むなぁ。


ショートで大ゴケしてファイナルに進出するだけなら、最高難易度の演技をするのでなくていくつかワンランク落として安全演技をしても勝ち抜けるぐらいの実力はあるのですが……
これをしなかったのは、下手に勝ち抜くことに拘るより試合の中で挑戦して成果が出ることに重点を置いたか、それともここまで失敗するとは思ってなかったか……

今年は練習で散々成功していても本番で失敗しているという、傾向があるようですから、実戦の機会を少しでも増やすことに意味があると思うのですが





○アシュリー・ワグナー
左利きなんだ……回転がふつうの人と逆なのでちょっとドキッとしますね。
いい演技ですが、ステップなんかを見ると体が重いかなぁ……疲れただけかもしれませんけど。


○アレーナ・レオノア
好きな選手という贔屓目もあるんでしょうが……後半愉しそうに滑ってていいなぁ。
スパイラルやスピンのポジションはまだ安定度が低くて改善の余地がありますが、イイ選手です。


○安藤美姫
2Aの次のコンビネーションジャンプ、綺麗に転けましたね。ジャンプもいくつか変なところがありました。よく転けないもんね。
プログラムの印象に起因することかもしれませんけど、スケーティングのスピードがもうちょっと出ていてもいいと思います。あと、ステップ手ぇ抜くな!もちっとキレのある演技できるでしょ。

○アリッサ・シズニー
アリッサも左ですか、意外と居るのね。
転倒はしたもののいい演技、特にスパイラルとスピンはいいですね。何でかステップの印象はないんですが……


○ユリア・シェベスチェン
ショートの結果でこの人が首位だと聞いたとき……誰よそれ、って状態でした。フロックで1位になっちゃったぽっと出の新人ならフリーで緊張して崩れるでしょ、とか思ってたらオリンピックの出場経験もあるベテランとのこと……私ゃここ数年のにわかファンですから。

ジャンプは高さがあって綺麗なのに、何で着地がうまく行かないかなぁ
キムヨナや浅田真央のトップクラスの選手と比較すると、密度を含めてスピードが2〜3割は落ちる印象。構成点ではいい評価取れそうなんですが技術点が延びないタイプかなぁ
posted by 文公主 at 20:45 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2009年10月23日

求む!カナダ人幽霊

今週末はグランプリシリーズ第2戦。
緒戦は驚愕の出来上がりのキムヨナに驚かされましたが、残り5戦の予想をしてみたいと思います。


とりあえず、各大会にエントリーしてくる選手は以下です。



フランス杯ロシア杯中国杯NHK杯アメリカ杯カナダ杯
キーラ・コルピアメリア・ラコステジョアニー・ロシェットシンシア・ファネフエレーネ・グレボバアメリア・ラコステ
グウェンドリン・ディディエスザンナ・ポイキオディアーネ・ズメイエッットリウ・ヤンスザンナ・ポイキオシンシア・ファネフ
エレーネ・ゲデバニシヴィリアネット・ディトリットケン・ピンワラウラ・レピストエレーネ・ゲデバニシヴィリジョアニー・ロシェット
カロリーナ・コストナージェンナ・モッコルキールリウ・ヤンアネット・ディトリットサラ・ヘッケンラウラ・レピスト
浅田真央ジュリア・セバスチャンシ・ビンシュ安藤美姫ジュリア・セバスチャンサラ・ヘッケン
中野友加里安藤美姫キーラ・コルピ中野友加里村主章枝ジェンナ・モッコルキール
アンナ・ユルキェビッチ浅田真央カロリーナ・コストナー武田奈也キムヨナ鈴木明子
キムヨナカタリーナ・ゲルボルト村主章枝オクサーナ・ゴゼワヨシ・ヘルゲションヨシ・ヘルゲション
アレクシ・ギレスオクサーナ・ゴゼワ鈴木明子アレーナ・レオノワトゥーバ・カラミデルサラ・マイヤー
キャロライン・ジャンアレーナ・レオノワレイチェル・フラットサラ・マイヤーサーシャ・コーエンアリッサ・シズニー
アリッサ・シズニーベアトリサ・リャンベッキー・ベレズウィルレイチェル・フラット長洲未来
アシュリー・ワグナー長洲未来アシュリー・ワグナーアレクシ・ギレスキャロライン・ジャン



まぁ、予想をするとは言っても演技を見たことのない選手に関しては何も言えませんから、知っている選手の中から順位を付けていくことになります。上で水色になっているのが、演技を見たことがある選手です。



今年の演技を見ていないので去年の演技から評価をすることになりますが、各大会上位3名予想はこんな感じです。



1位2位3位
フランス杯キムヨナ浅田真央中野友加里
ロシア杯浅田真央安藤美姫アレーナorアリッサ
中国杯ロシェットフラット村主章枝or鈴木明子
NHK杯安藤美姫中野友加里レピストorアレーナ
アメリカ杯キムヨナフラット村主章枝
カナダ杯ロシェットアリッサor鈴木明子orジャン



まずロシア杯
浅田と安藤の実力が突出しているのでここは3位に誰が入るかだけ

続いて中国杯
フランス杯で大ゴケしてファイナル進出の可能性が無くなったカロリナが棄権と予想、ロシェットが順当に一人勝ちで確定。村主章枝と鈴木明子が競るものの、レイチェルがぽこっと抜け出て2位に。

NHK杯
ここも安藤と中野が取るでしょう。安藤は組み合わせに恵まれた感もあり、今年は楽にファイナル進出できそうな予感。3位はラウラとアレーナがいい勝負。実績はラウラが勝っていますが、アレーナに頑張って欲しいところ。

アメリカ杯
あのパフォーマンスでは今のところキムヨナが負けることを考えるのは論外。2位争いは中国杯と同じ展開になるかと……村主が雪辱を果たせるか……

カナダ杯
大物がロシェットしか居ないのでここもおそらく鉄板。去年もそうですがロシェットは組み合わせに恵まれてます。2位以下は挙げた3人に限らず長洲未来やラウラ・レピストが飛び込んできても不思議はありません。



以上の予想からファイナル進出者は


1位 30点 キムヨナ
2位 30点 ジョアニー・ロシェット
3位 28点 浅田真央
4位 28点 安藤美姫
5位 26点 レイチェル・フラット
6位 24点 中野友加里 or アリッサ・シズニー


となるでしょう。

優勝はおそらくキムヨナです。
今年のキムヨナはグランプリシリーズだけにとどまらず、四大陸選手権、冬季五輪、世界選手権と完全制覇する可能性があります。


これは今のところ浅田真央でもキムヨナに対抗できないと見ているからです。
去年は技術点が上回っている分で、GOEおよび構成点をカバーできていましたが、今年のキムヨナはGOEの加点レベルをそのままで構成のレベルを上げてきました。


浅田真央も調子が上がってくればGOEも加点が見込め、差が縮まることもあり得ますが、今のままでは構成点はどうにもなりません。
今年の浅田真央の演技はショートは去年の仮面舞踏会のショートバージョンで新鮮味に欠け、フリーは『鐘』という大きな特徴のない難しい曲で、演技で表現し切れていない気がします。


ジャッジの冷静な目で見るとそんなことは無いのかもしれませんが、ファン程度のレベルの視点で見ると、キムヨナのプログラムの方が圧倒的に魅力的です。

五輪もしくは世界選手権の大舞台で、キムヨナに蹂躙される気がないのであれば、もっとインパクトのあるプログラムに変えるぐらいの意気込みが必要なのではないでしょうか?


そう、ウェイトレスナンバーや女海賊プログラムを突然持ち込んでくるぐらいの気概でです。
posted by 文公主 at 23:17 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。